「フライングアーマー」の版間の差分

[[スペースシャトル]]の翼だけを独立させたような形状だが、素材自体の耐熱性だけではなく、[[衝撃波]]の上に乗る([[ウェイブライダー]])ことで大気圏突入時の熱から機体を保護し、かつ突入中にもかなり自由に動ける構造になっている。
 
本機に搭乗するMSは大気圏突入時には機体上面に腹這いとなる。突入後は[[サブフライトシステム]]として使用することも、水面を滑走すること可能である。本来はガンダムMk-IIの規格に合わせて開発された装備のため、同機の専用ともいえるが[[グリプス戦役]]の戦局の拡大とともに少数が生産され、雑誌企画『[[ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに]]』では[[ネモ (ガンダムシリーズ)|ネモ]]が使用した。
 
劇場版『[[機動戦士Ζガンダム#劇場版|機動戦士Ζガンダム A New Translation]]』では、フライングアーマーが2機存在する。また、[[ティターンズ]]から奪取したことになっている。
匿名利用者