「横井時泰」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''横井 時泰'''(よこい ときやす、生没年不詳)は、[[安土桃山時代]]の[[武将]]。時恭とも呼ばれる。通称は伊織、伊折。父は[[横井時延]]。弟に[[横井時雄|時雄]]、[[横井治太夫|治太夫]]、[[横井時朝|時朝]]、[[横井時久|時久]]。[[尾張国]][[海西郡]](現[[愛西市]])[[赤目城]]主。
== 生涯 ==
[[天正]]2年([[1574年]])6月7日、[[岐阜城]]に忍んで侵入した敵を退けたことにより[[織田信長]]に褒められた。[[本能寺の変]]後は[[織田信雄]]に仕えた。[[小牧・長久手の戦い]]では[[徳川家康]]に味方し、その後家康に仕えた。
匿名利用者