メインメニューを開く

差分

1981年(昭和56年)5月場所に現役を引退して[[時津風部屋]]の部屋付き親方となっていた年寄・22代[[湊 (相撲)|湊]](元[[小結]]・[[豊山広光|豊山]])が、1982年12月に内弟子2人を連れて時津風部屋から分家独立する形で湊部屋を創設した。[[埼玉県]]に創設された部屋としては戦後初となる相撲部屋である。部屋に図書室を設置したことが話題となったこともある。22代湊は幕内力士として[[湊富士孝行|湊富士]]を育て上げ、他にも大湊ら幕下力士を輩出したが、いずれも怪我で低迷するなどして関取昇進を果たせず、22代湊が師匠を務めた時期に輩出した関取は湊富士だけであった。
 
それまで部屋の唯一の関取だった湊富士は2002年(平成14年)9月場所で現役を引退し、年寄・16代[[立田川 (相撲)|立田川]]を襲名して湊部屋の部屋付き親方となった後、2010年(平成22年)7月27日に22代湊と年寄名跡を交換する形で23代湊を襲名して湊部屋を継承した。翌28日に[[仲の国将|仲の国]]の新十両昇進が決定し、湊部屋では史上2人目となる関取が誕生した。2014年(平成26年)5月場所において[[逸ノ城駿|逸ノ城]]が新十両へ昇進し、23代湊の直弟子としては初となる関取が誕生。逸ノ城は十両を2場所で通過して同年9月場所で新入幕を果たし、部屋創設から34年目で初の幕内力士を輩出したいる{{main|逸ノ城駿#来歴}}
 
==所在地==
匿名利用者