「おへんろ。」の版間の差分

編集の要約なし
; '''ちわ'''
: 声 - [[江原裕理]]
: もともと「お遍路」に興味はなかったが、2人が乗り気だったのでノリでお遍路に参加する。 体を動かすのが好きで割とお遍路を楽しんでいる。いわゆる「山門の長階段」や「遍路ころがし」になると、物凄く元気になり、その場面では彼女の独壇場と化す。好奇心旺盛であり、興味を持った事にはすぐに食いつくため番組では「おへんろ探検隊」のコーナーを持っている。番組が進むにつれ、状況に応じて[[川柳]]<ref group="注">番組内(まおやめぐみとの会話)では「[[俳句]]」と表現されているが、ちわが吟じる俳句は殆どにおいて[[季語]]が存在しないため、俳句ではない事に注意。</ref>を詠むようになる。
; '''めぐみ'''
: 声 - [[高野麻里佳]]
|8月2日||第13話||発心から修行へ 高知県突入ぜよ!||[[最御崎寺|24番 最御崎寺]]||室戸青年大師像<br />[[御厨人窟|御厨人窟・神明窟]]||[[海の駅]]東洋町(立寄・こけら寿司)<br />淀ヶ磯休憩所(立寄)<br />ゴロゴロ休憩所(立寄)<br />[[夫婦岩]](立寄)<br />ホテル明星(立寄)<br />||高知(修行)編・開始
|-
|8月9日||第14話||めぐみ! 空海修行の地に立つ||[[津照寺|25番 津照寺]] - [[金剛頂寺 (室戸市)|26番 金剛頂寺]]||女人結界碑<ref group="注">26番札所である金剛頂寺は、かつては[[女人禁制]]の山であったため、その旨を記した碑が近辺の遍路道に残されている。この「金剛頂寺の女人結界碑」は四国最古の女人結界碑として残されている。(現在は女人禁制ではない)</ref>||[[海の駅]]とろむ(立寄)<br />室戸ドルフィンセンター(立寄)<br />[[室津港]](立寄)<br />奈良師・元海岸(立寄)||
|-
|}
匿名利用者