「伊達宗遠」の版間の差分

編集の要約なし
m (父行朝の名前になっていたため修正)
|特記事項=
}}
'''伊達 宗遠'''(だて むねとお)は[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の武将。[[伊達氏]]第8代当主。宗遠の息子の[[大条宗行|宗行]]は、[[大氏]](大枝)<ref>大の宗家は明治期・[[大条道徳]]が伊達に復姓している。お笑いコンビ・[[サンドウィッチマン (お笑いコンビ)|サンドウィッチマン]]の[[伊達みきお]]は更にその末裔にあたる。</ref>の祖となった。
 
== 生涯 ==
[[1380年]]頃から[[長井氏]]を攻め立てた。宗遠は周辺各氏との[[一揆]]契約や騙し討ちなどの謀略を駆使し、長井氏を確実に切り崩していった。結局[[1385年]]には長井氏は滅亡し、伊達氏は[[米沢市|米沢]]を手に入れる事になった。
[[1381年]]には[[大崎氏]]と戦い信夫郡、刈田郡、伊具郡、柴田郡を奪い、また、[[武石行胤]]を破り亘理郡も実質的な支配下に組み入れている。
 
この時代には小沢氏、余目氏などと一揆契約を結んでいる。また、米沢の[[成島八幡神社|成島八幡宮]]の拝殿を改築している。
*正室:高明院([[結城宗広]]の娘)-[[最上氏]]との異説もあり
**[[伊達政宗 (大膳大夫)|伊達政宗]]
**[[條(大枝)宗行]]
**女([[最上直家]]室)
**[[伊達遠賢]](『永禄伊達系図』にのみ記載あり)
{{reflist}}
 
{{伊達氏宗家歴代当主||第8代|1348年 - 1385年}}
 
{{DEFAULTSORT:たて むねとお}}
匿名利用者