「自給自足」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概説 ==
自給自足とはみずからが必要とするものを自ら生みだすことである。例えば[[生活]]に必要な物資を自然環境から手に入れたり畑などで自ら生産したりすることなど。
 
[[遊牧民]]や[[狩猟民]]は基本的に(は)自給自足の生活を送っている。[[イヌイット]]([[エスキモー]])は[[アザラシ]]や[[カリブー]]を狩り、その肉を食べ、血や内臓を食べることでビタミンを摂り、皮をはいで衣服にしたりテントや住居の材料にし、骨を削り道具や釣り針などにする。日本では[[縄文時代]]の人々は皆、自給自足生活を送っていた。その後も[[アイヌ]]の人々はそうした生活をしていた。現代でも[[アマゾン]]の奥地や[[パプアニューギニア]]の奥地などでは、完全な自給自足生活を送っている人々が大勢いる。文明と接触せずに悠々と暮らしている人々がいるのである。その他にも、世界各国の田舎では自給自足の割合がかなり高い生活を送っている人々が非常に大勢いる。
 
自給自足生活を送るには、恵み豊かな自然([[山]]、[[野]]、[[海]]などが周囲にある場合のほうが圧倒的に有利である。
 
現代では、自給自足度を高めてゆくと、「貨幣」というもので計れない形で、実質的な生活が豊かになってゆく。貨幣の数字には現れないかたちで、実質を豊かにできるのである。例えばお金を全然使わずに、毎日のように美味しい水を飲み、美味しい野菜、穀類、卵、乳などを食し、快適に風呂に入り、快適に眠る、という健康的な生活を送ることも可能である。貨幣をほとんど使わないので、現金収入を得る必要もなく、現金収入を得るために雇用され雇用主との人間関係に悩む必要もなく、また、またせっかく働いた分の大部分を政府や税務署によって(直接的課税、あるいは企業等への課税が間接的に消費者に振り向けられる税負担によって)[[搾取]]される割合もかなり減る。
 
=== 完全自給自足と半自給自足 ===
;完全自給自足
原則的に一切、外部の社会と物資のやりとりなどしないで食・衣・住に必要な物資を調達し生活することである。
===他===
*維持・運用に多大なお金を必要とする機器はなるべく所有しない。(特に[[自動車]]などは無しで済ませる)
*電気器具はできるだけ使わない。電気を使わなければ、電力会社から電気を買う必要もなく、電気の基本料金すらも払う必要がなくなる。
*電気器具はできるだけ使わない。電気を使わなければ、電力会社から電気を買う必要もなく、電気の基本料金すらも払う必要がなくなる。*どうしても少し電気を使いたい場合は、[[ソーラーパネル]]や[[小規模水力発電|小型水力発電機]]などを設置しておいて[[バッテリー]]に溜めておき、それを12Vのまま使ったり、[[DC]]-DC変換機(しばしば数百円程度)で電圧を変えて使ったり、[[インバータ|DC-AC変換器]]([[インバータ]]。許容するワット数に応じて数千円~2万円程度)で100V交流などに変換して使う。([[モンゴル]]100W~200W程度遊牧民や中国奥地発電能力人々など、ソーラーパネルによって、送電網に依存せずに、全く電気料金払わずに設置すれば、テレビ(消費電力50~200W程度)を一日数時間程度どをら十分にられ人口が近年非常に増えた)山あい土地でため傾斜地を勢いよく水が流れている場所予備用小型水力、ガソリンエンジン式の発電機を設置すると、使いきれないほどの大量の電気をタダで得ることができ保有しておく方法もある。
**([[モンゴル]]の遊牧民や中国奥地の人々など、ソーラーパネルによって、送電網に依存せずに、全く電気料金を払わずに[[テレビ]]などを見る人口が近年非常に増えた。)
**山あいの土地で、傾斜地を勢いよく水が流れている場所に小型水力発電機を設置すると、使いきれないほどの大量の電気をタダで得ることができる。冷蔵庫も作動させておける。
*足りない物資でも近隣の人々との[[物々交換]]などで手に入れられることは多い。
 
69

回編集