「船長」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概説 ==
船舶は海上にあって孤立していることから、船長には[[司法権]]、[[自衛権]]など種々の強い[[権限]]が付与されている。<ref>海上においては一時的に、乗組員同士の紛争の調査・調停など、一種の裁判官のような役割すら果たすことがある。</ref>
 
強い権限が与えられているので、それに伴う重[[、船の事故・遭難を回避する責任]]・義務を負って、さらに乗客や乗員の生命をあずかる立場である。
 
船の事故・遭難を回避する責任・義務を負っている。さらに、乗客や乗員の生命をあずかる立場であり、乗客・乗員の生命を守るという重い責任・義務があると考えられている。かつては高い理念を抱き、そうした理念を体現するような船長も多かった。
 
[[制服|服制]]は、上着の[[袖章]]または[[肩章]]の四条の線をもって船長の職位を表すことが多い。
匿名利用者