「アヴォワーズ・ド・ブルターニュ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
ブルターニュ公アラン3世とベルト・ド・ブロワの第二子として生まれた。兄[[コナン2世 (ブルターニュ公)|コナン2世]]が1066年12月に暗殺されたため、公位を継承した<ref name="BrittanyGenealogy">[http://fmg.ac/Projects/MedLands/BRITTANY.htm#_Toc172084366 Brittany Genealogy extracted Feb 1, 2008]</ref>。
 
アヴォワーズの生涯についてはわずかしか知られていない。1058年より以前にコルヌアイユ伯オエルと結婚した。オエルは妻自身の権利によってブルターニュ公オエル2世となり、1072年のアヴォワーズの死後も息子の摂政として政治を司った。オエル2世が死んだ1084年、長男[[アラン4世 (ブルターニュ公)|アラン4世]]が単独のブルターニュ公となった。
 
==脚注==
{{Reflist}}
 
{{先代次代|[[ブルターニュ公国|ブルターニュ]][[ブルターニュ君主一覧|公]]</br>[[File:Kroaz Du.png|40px]]|1066年 - 1072年</br>オエル2世と共同統治|[[コナン2世 (ブルターニュ公)|コナン2世]]|[[アラン4世 (ブルターニュ公)|アラン4世]]}}
 
{{デフォルトソート:あうおあすとふるたにゆ}}