「犬の十戒」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎外部リンク:  閉鎖)
#私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。
#話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。
#あなたがどんな風のように私に接しを扱ったか、私はそれを決し覚えていることを知って欲し忘れない。
#私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。
#私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。
匿名利用者