「ベルトラン・ボネロ」の版間の差分

m
来歴の追加
m (来歴の追加)
| ふりがな = ベルトラン・ボネロ
| 画像ファイル = Bertrand Bonello.jpg
| 画像サイズ = 250px
| 画像コメント =
| 本名 =
| 没日 =
| 職業 = [[映画監督]]・[[脚本家]]・[[作曲家]]
| 活動期間 = [[1996年]] -
| 配偶者 =
| 著名な家族 =
| 公式サイト =
| 主な作品 =
| カンヌ国際映画祭 = '''国際映画批評家連盟賞'''<br />[[第54回カンヌ国際映画祭|2001年]] 『ポルノグラフ』
}}
 
'''ベルトラン・ボネロ''' ('''Bertrand Bonello''', [[1968年]][[9月11日]] - ) は、[[フランス]]・[[ニース]]出身の[[映画監督]]、[[脚本家]]、[[作曲家]]。
 
== 来歴 ==
[[1996年]]に[[ピエル・パオロ・パゾリーニ]]の自伝を元にした『''Qui je suis''』を製作し<ref>{{Cite web|url=http://www.imdb.com/title/tt0434297/?ref_=nm_flmg_dr_12|title=Qui ie suis|accessdate=2014-03-18}}</ref>、映画監督としてデビュー。2年後の[[1998年]]には初の長編『''Quelque chose d'organique''』を製作。[[第48回ベルリン国際映画祭]]のパノラマ部門で上映された<ref>{{Cite web|url=http://www.festival-cannes.fr/jp/archives/artist/id/3122229.html|title=Bertrand Bonello's Biography|accessdate=2014-03-18}}</ref>。
 
[[2001年]]に[[ジャン=ピエール・レオ]]を主演に起用した『ポルノグラフ』は、同年の[[第54回カンヌ国際映画祭]]の国際批評家週間部門に出品され、国際映画批評家連盟賞を受賞<ref>{{Cite web|url=http://www.festival-cannes.fr/jp/archives/artist/id/3122229.html|title=Bertrand Bonello's Biography|accessdate=2014-03-18}}</ref>。[[2003年]]の『''Tiresia''』は[[第56回カンヌ国際映画祭]]のコンペティション部門で上映された<ref>{{Cite web|url=http://www.festival-cannes.fr/jp/archives/ficheFilm/id/4086187/year/2003.html|title=2003 Cannes Film Festival|accessdate=2014-03-18}}</ref>。[[2008年]]、[[マチュー・アマルリック]]を映画監督役に起用した『戦争について』を製作。第25回マイアミ映画祭のカッティング・エッジ・コンペティション部門でグランプリを受賞<ref>{{Cite web|url=http://indieframe.wisi.it/it/00022/40/page.html|title=2008 Miami Film Festival|accessdate=2014-03-18}}</ref>。
 
[[2008年]]、[[マチュー・アマルリック]]を映画監督役に起用した『戦争について』を製作。第25回マイアミ映画祭のカッティング・エッジ・コンペティション部門でグランプリを受賞<ref>{{Cite web|url=http://indieframe.wisi.it/it/00022/40/page.html|title=2008 Miami Film Festival|accessdate=2014-03-18}}</ref>。[[2011年]]には[[19世紀]]から[[20世紀]]の高級娼館を舞台にした『[[メゾン ある娼館の記憶]]』を製作。[[第64回カンヌ国際映画祭]]のコンペティション部門に出品された<ref>{{Cite web|url=http://www.festival-cannes.fr/jp/archives/ficheFilm/id/11169559/year/2011.html|title=2011 Cannes Film Festival|accessdate=2014-03-18}}</ref>。[[第37回セザール賞]]では7部門にノミネートされ、アナイス・ロマンが衣装デザイン賞を受賞した。[[2014年]]、[[ギャスパー・ウリエル]]を主演に迎え、[[イヴ・サン=ローラン]]の伝記映画『''Saint Laurent''』を製作<ref>{{Cite web|url=http://www.premiere.fr/film/Saint-Laurent-3660826|title=Saint Laurent|accessdate=2014-03-18}}</ref>。[[第67回カンヌ国際映画祭]]のコンペティション部門で上映された<ref>{{Cite web|url=http://www.festival-cannes.com/fr/theDailyArticle/60912.html |title=D’Yves à Saint Laurent, le portrait de Bertrand Bonello |accessdate=17 May 2014 |work=Cannes}}</ref>。また、[[第87回アカデミー賞外国語映画賞出品作一覧|第87回アカデミー賞外国語映画賞]]のフランス代表作品に選出された<ref>{{cite web |url=http://24fpsverite.com/news/bonello-saint-laurent-oscars/ |title=Bonello's Saint-Laurent for the Oscars |accessdate=5 October 2014 |work=24 fois la vérité}}</ref><ref>{{cite web |url=http://variety.com/2014/film/news/france-sends-saint-laurent-to-campaign-for-foreign-language-oscar-nominations-1201310612/ |title=France Sends ‘Saint Laurent’ to Campaign For Foreign-Language Oscar Nominations |accessdate=5 October 2014 |work=Variety}}</ref>
 
[[2014年]]、[[ギャスパー・ウリエル]]を主演に迎え、[[イヴ・サン=ローラン]]の伝記映画『''Saint Laurent''』を製作<ref>{{Cite web|url=http://www.premiere.fr/film/Saint-Laurent-3660826|title=Saint Laurent|accessdate=2014-03-18}}</ref>。[[第67回カンヌ国際映画祭]]のコンペティション部門で上映された<ref>{{Cite web|url=http://www.festival-cannes.com/fr/theDailyArticle/60912.html |title=D’Yves à Saint Laurent, le portrait de Bertrand Bonello |accessdate=17 May 2014 |work=Cannes}}</ref>。
 
=== 人物 ===
* 戦争について ''De la guerre'' (2008年)
* [[メゾン ある娼館の記憶]] ''L'Apollonide: Souvenirs de la maison close'' (2011年)
* ''Ingrid Caven, musique et voix'' (2012年)
* ''Saint Laurent'' (2014年)
 
* ''Where the Boys Are'' (2010年)
 
== 参考文献脚注 ==
{{columns-list|2|
{{Reflist}}
}}
 
== 外部リンク ==
2,614

回編集