「ローズ・ピアノ」の版間の差分

m
m (ロボットによる: 良質な記事へのリンク en:Rhodes piano)
==使用例==
===ジャズ===
* ローズピアノを始めて大々的にジャズに導入したのは、[[キャノンボール・アダレイ]]の「マーシー・マーシー・マーシー」における[[ジョー・ザヴィヌル]]であろう。この演奏に注目したマイルス・デイヴィスは、自らのバンドでもザヴィヌルにローズを演奏させ、それ以降のエレクトリックサウンドにもローズを使い続けた。[[チック・コリア]]が初めて[[マイルス・デイヴィス]]のセッションに呼ばれた際、現場には見慣れたピアノがなく、当時まだ珍しかったローズピアノとRMIピアノが置かれていた。マイルスが音色を気に入って取り寄せたのだが、チックは最初、「こんなオモチャを弾くのか?」と否定的だったという。しかし、いざ弾き始めるや、その独特な音色に驚き、イマジネーションが一気に膨らんだそうである。ローズの音色はその後、チックのシグネイチャートーンになる。また、ローズに対する同様の印象を、やはりマイルスに呼ばれた、[[キース・ジャレット]]も残している。エレクトリック初期のステージでは殆ど使われていないが、徐々にステージにもローズが置かれるようになっていった。またアレンジャーの[[ギル・エヴァンス]]も愛用していた。
 
=== ソウル ===
347

回編集