「ファブレス」の版間の差分

具体的には、製品の企画設計や開発は行うが、製品製造のための自社工場は所有せず、製造自体は[[EMS (製造業)|EMS]]に全てか大半を委託し、製品は[[OEM]]供給を受ける形で調達し、自社ブランドの製品として販売する。ファブレスの形態でも自社工場を所有しているメーカーは存在するが、この場合は修理工場としての機能に特化していたり、製造機能を持っていたとしてもEMSに委託しにくい特殊な少量受注生産の製品等極小規模な生産機能に限定される。
 
ファブレス業態の企業は、現在では[[コンピュータ]]、[[食品]]、[[玩具]]([[ホビー]])などさまざまな業種で見られるようになっている。{{要出典範囲|date=2014-9|解釈にもよるが[[100円ショップ]]なども自社ブランドの製品が多い店舗の場合、ファブレスメーカーの一種と見ることができる}}
 
ファブレスが主流となっている業種の一つに半導体産業がある。主に半導体関連企業は従来、半導体設計とその製造を同じ企業内で行ってきた(AMDの創業者[[ジェリー・サンダース]]の有名な言葉に「ファブを持ってこそ真の男」がある)。しかし、半導体製造装置やその周辺設備の投資には莫大な費用がかかることとや半導体製造企業各社が約4年に一度、一斉に行う[[シリコンサイクル]]と呼ばれる[[製造プロセス]]更新、投資のため減価償却期間が短いなど事業として成り立たせるための資金の調達が難しくなる傾向がある。このため製造設備を持たず、研究開発のみに従事する企業とすることでこれらを回避し比較的安定した事業を行うことができる。設計した半導体は、一般的な半導体総合企業やシリコン[[ファウンドリ]]とよばれる半導体製造専業企業に製造を委託する。これを開発設計から製造まで一貫してやる縦の分業に対して、横の分業という。
匿名利用者