「急行券」の版間の差分

m
** 急行列車の指定券・グリーン券・寝台券は、急行券と同時に申し込むか、当該乗車に有効な急行券を提示した場合に限って購入できる。
* 急行券の有効期限は指定日当日のみである。<ref>2014年3月31日までは有効期間開始日から2日間であった。{{pdf|http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131208.pdf}}</ref>'''1個の急行列車に1枚が(乗り換えごとに1枚が)必要となる。
** また、'''全車座席指定'''の急行列車が満席になった場合は、全車座席指定の[[特別急行列車]]が満席になった場合と同様、通常の急行券と同額で発売枚数が定められている'''立席急行券'''が発売されることがある(現在、定期列車で全車座席指定の急行列車はない。[[特別急行券#立席特急券|立席特急券]]の項も参照)。
* 急行券と、同時に使用する指定席券・グリーン券・寝台券を一度に購入する場合は、両券をあわせて一枚の券片として('''一葉式'''という)発行されることがある。
** この場合、指定の列車に乗り遅れた場合は、指定席券部分を放棄し、単独の急行券として、券面区間および同一の営業キロ地帯の最も遠い駅まで利用することができる(旅客営業規則第172条4項)。有効期間は単独の急行券と同様であり、指定席券が必要な場合は指定席券のみを新たに購入する。
 
=== 金額について ===
JR東日本旅客営業規則による大人の普通急行料金を示す。ただし、金額は例外を除き、JR各社で共通している。小児は半額。なお10円未満の端数が出た場合、切り捨てる。
{| class="wikitable"
|-
|}
 
ただし、以下の場合にはこの料金を使用せず、特に定めた金額となる。下記の区間においては、自由席特急料金が急行料金よりも安価に設定されているためであり、この場合急行料金と特急料金は同額となる。
* 北海道旅客鉄道管内のみの利用の場合
** 25kmまで : 310円
 
=== 乗継割引 ===
[[乗り継ぎ料金制度]]により、[[乗り継ぎ料金制度#新幹線と在来線|新幹線]]・[[乗り継ぎ料金制度#本州と北海道|青森・函館各駅]]および[[乗り継ぎ料金制度#特急サンライズ瀬戸とJR四国の特急・急行|四国の特急・急行]]との乗継割引を利用できる。
 
=== 列車遅延時の取り扱い ===
3,691

回編集