メインメニューを開く

差分

 
=== 日賦貸金業者 ===
主に小規模事業者かつ小売業・飲食業を中心とした、いわゆる「日銭商売」を対象に融資し、返済については一日単位で金利を算出し、集金する業者。通称「'''日掛金融'''」、「'''日掛け取引'''」。1991年から2000年12月までは特例で最高年利109.5%まで可能であったが、それに伴い、特に九州地方で1997年ごろに多重債務による自己破産が増加するなどの問題が発生していた。<ref>朝日新聞 1993.10.25 朝刊 15頁 「 日賦貸金業者<用語> 」</ref><ref>朝日新聞 1997.06.17 夕刊 1頁 「個人破産、九州で急増 借金地獄は第3次パニック(報!)」</ref>
 
出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律の一部を改正する法律(昭和58年法律第33号)附則第9項に於いて次のように定義される。
匿名利用者