「フェリペ3世 (スペイン王)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m ({{出典の明記}}貼付時刻追記、ソートキー)
m
}}
 
'''フェリペ3世'''('''Felipe III''', [[1578年]][[4月14日]] - [[1621年]][[3月31日]])は、[[スペイン]][[スペイン君主一覧|王]]、[[ナポリ王国|ナポリ]]・[[シチリア王国|シチリア]][[ナポリとシチリアの君主一覧|王]]、[[ポルトガル王国|ポルトガル]][[ポルトガル君主一覧|]](在位:[[1598年]] - 1621年)。[[フェリペ2世 (スペイン王)|フェリペ2世]]と最後の妻である[[神聖ローマ皇帝]][[マクシミリアン2世 (神聖ローマ皇帝)|マクシミリアン2世]]の娘[[アナ・デ・アウストリア|アナ]]との間に生まれた末子である。ポルトガル王としては'''フィリペ2世'''。
 
== 概要 ==
祖父カルロス1世(神聖ローマ皇帝[[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]])は世界最大の植民地帝国を築いた人物、父[[フェリペ2世 (スペイン王)|フェリペ2世]]は[[スペイン帝国]]に[[スペイン黄金世紀|黄金時代]]をもたらした人物である。生まれつき病弱であったため、年老いてゆく父は息子の将来に不安を抱いた。「怠惰王」と呼ばれたフェリペ3世の23年に及ぶ治世を取り仕切ったのは、首席大臣のレルマ公爵あるいはウセダ公爵であったが、彼らはこの大帝国の国政を担うにはいささか力不足であり、フェリペ2世が残した[[世界帝国]]は衰退への道を歩み始めることとなる。1609年、スペイン全土から[[モリスコ]]([[キリスト教]]に改宗した[[ムスリム|イスラム教徒]])の[[モリスコ追放|追放]]が行われた。その数は27万人に及び、ほとんど農民であったため、スペイン農業は大打撃を受け、深刻な食糧不足に陥ったといわれる。
なお、1615年1月30日には、[[慶長遣欧使節]]の[[支倉常長]]と面会している。
 
==子女==
[[1599年]]にマクシミリアン2世の姪にあたる[[マルガレーテ・フォン・エスターライヒ (スペイン王妃)|マルガリータ]]と結婚以下の7人の子供を儲けた。
* [[アンヌ・ドートリッシュ|アナ・マリア・マウリシア]](1601年 - 1666年) [[フランス王国|フランス]][[フランス君主一覧|]][[ルイ13世 (フランス王)|ルイ13世]]妃(フランス名アンヌ・ドートリッシュ)。
* マリア(1603年 夭折)
* [[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ]](1605年 - 1665年)スペイン王フェリペ4世。
 
== スペイン・ハプスブルク家の近親結婚 ==
{{Commons category|Philip III of Spain}}
フェリペ3世の生母アナはフェリペ2世の姪である。オーストリア・[[ハプスブルク家]]との間の3[[親等]]クラスの[[近親婚]]([[叔姪婚]])による出生は、この王から始まる([[教皇|ローマ教皇]]から赦免状をもらっての近親結婚だった)。
 
 
後に[[スペイン・ブルボン朝|スペイン・ブルボン家]]も似たジレンマを抱え込んだ。
 
{{Commons categoryCommonscat|Philip III of Spain}}
 
{{先代次代|[[スペイン君主一覧|スペイン王]]<br />[[ポルトガル君主一覧|ポルトガル王]]<br />[[ナポリとシチリアの君主一覧|ナポリ王<br />シチリア王]]|[[1598年]] - [[1621年]]|[[フェリペ2世 (スペイン王)|フェリペ2世]]|[[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]}}
{{先代次代|[[アストゥリアス公]]<br />ジローナ公|1582年 - 1598年|[[ディエゴ・デ・アウストリア|ディエゴ]]|[[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]}}
{{ポルトガル王|1598年 - 1621年}}
 
{{history-stub}}
{{DEFAULTSORT:ふえりへ3}}
[[Category:スペイン国王]]
[[Category:ポルトガルとアルガルヴェの国王]]
[[Category:アルガルヴェ国王]]
[[Category:シチリア王]]
[[Category:ナポリの君主]]
41,398

回編集