「鷹野史寿」の版間の差分

→‎来歴: 来歴の詳細化
(→‎来歴: 来歴の詳細化)
 
[[1999年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1999年のドラフト会議]]で[[大阪近鉄バファローズ]]が6位指名で交渉権を獲得し同球団に入団。ルーキーイヤーの[[2000年]]から86試合に出場し、準レギュラーとして活躍。[[規定打席]]に届かなかったが、シーズン最多死球を記録している。また[[8月22日]]の対[[千葉ロッテマリーンズ]]戦の第2打席から、[[8月26日]]の対[[埼玉西武ライオンズ]]戦の第2打席まで、史上5人目の13打席連続出塁を記録した<ref>2001 ベースボール・レコード・ブック 101頁 2000年度主要記録集「史上5人目の13打席連続出塁」より。13打席連続出塁の内訳は、「安打8 四球3 死球2」であった</ref><ref>13打席連続出塁は近鉄球団記録、8打数連続安打は近鉄球団タイ記録 [http://pacific.npb.or.jp/bluebook/blu2013_crecords3.html個人打撃連続記録(3)]パ・リーグ公式サイト</ref>
。[[中村紀洋]]がシドニーオリンピックに出場した際は、中村の抜けた3番を務めた。
。[[中村紀洋]]がシドニーオリンピックに出場した際は、中村の抜けた3番を務めた。以後も、2004年までの5年間で、唯一打撃不振に陥った2003年を除いては、毎年のように打率3割前後、5,6本塁打を記録している。ただし、不振だったその2003年では、[[7月14日]]の対[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハムファイターズ]]戦で、一軍昇格後即スタメンで、第1打席から3打席連続本塁打を放ち、第4打席でもフェンス直撃のツーベースを放ち、試合後のお立ち台で涙を流した。
 
チームがリーグ優勝した{{by|2001年}}は、プロ2年目にして打率.300・長打率.500・OPS0.900のラインをクリアするなど、[[いてまえ打線]]の一角としてチームに貢献した。翌{{by|2002年}}は、2年連続.300以上となる自己ベストの打率.317をマーク。6本塁打と20打点を記録して、これらは2001年と全く同じ数値だった。{{by|2003年}}は一転して不振に陥り、打撃三部門の成績はいずれもプロ入り以来最低の数字に終わった。ただ、[[7月14日]]の対[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハムファイターズ]]戦で、一軍昇格後即スタメンで、第1打席から3打席連続本塁打を放ち、第4打席でもフェンス直撃のツーベースを放ち、試合後のお立ち台で涙を流した。{{by|2004年}}には復調し、.300には届かなかったものの打率.293・5本塁打・24打点という打撃成績をマークした。一方、三振 (45) や併殺打 (8) でそれまでの自己ワースト記録を更新してしまった。
 
[[2004年]]の球界再編により行われた[[選手分配ドラフト]]を経て、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した。[[2005年]]は自己最多の90試合に出場し、自己最多の7本塁打を放ったものの、打率は.217と振るわなかった。[[2006年]]、春に手術した左膝のリハビリに1シーズンを費やした。[[2007年]]は打率.203、1本塁打に終わった。なお、この本塁打は、3月29日の対[[福岡ソフトバンクホークス]]戦で放ったものだが、プロ初登板初先発を務めたものの2回途中6失点でKOされた[[田中将大]]の黒星を消す同点本塁打だった。
6,249

回編集