「ビーア・カルロフ・ドーニア」の版間の差分

m
誤訳訂正と補足
m (誤訳訂正と補足)
'''ビーア・カルロフ・ドーニア'''([[オランダ語]]:Pier Gerlofs Donia、約[[1480年]]キムスウェルト‐[[1520年]][[10月28日]][[スネーク (オランダ)|スネーク]])は、[[フリース人]]の[[ウォーロード]]、おおよそ4000人からなる反乱軍「Zwarte Hoop:ツワルテ・ホープ(い希望)」を指揮した自由戦士であり[[海賊]]である。巨躯で強かった為、'''Grutte Pier'''(巨大なビーア)とも呼ばれる。
 
ビーアと同時代の[[歴史家]]Petrus Thaboritaの記述に基づき、19世紀の歴史家Conrad Busken Huetは「Grutte Pier」において、「長い黒ひげと口ひげを生やし、肩幅が広い、色黒な、雄牛のように強い仲間たちの木。生まれながらにラフでユーモアのある人物を、不幸な出来事が野獣に変えてしまった。(1514年に)全ての財産が破壊され、家族たちも殺害されるという血まみれの理不尽に対する個人的な復讐から、彼は伝説的な自由戦士となった。」と記している<ref>Cd. Busken Huet, Het land van Rembrand. Studiën over de Noordnederlandsche beschaving in de zeventiende eeuw (2 delen in 3 banden). H.D. Tjeenk Willink, Haarlem 1882–1884</ref>。
 
==生涯==
元は[[農民]]の父と[[貴族]]の母の間に生まれた農民であった。[[ゲオルク (ザクセン公)|ザクセン公ゲオルク]]が内乱(※1)を抑える為に置いた悪名高い傭兵隊「[[ランツクネヒト]]Black Band」連隊により、1515年に妻を無残に殺害され村を焼かれたことから貴族や仲間たちと共に反乱軍を結成した。彼はいくつもの戦いで勝利したが、[[ハプスブルク家]]の攻勢は止まらず、1519年にWierd Jelckamaに部隊の指揮を引き継ぎ引退した<ref>Kok, Jacobus (1791). "Pier Gerlofs Donia". Vaderlandsch Woordenboek. 24 (P–R). Amsterdam: Johannes Allart. pp. 17–21.</ref>。1520年10月28日、ビーアは[[フリースラント]]のスネーク市Grootzand 12のベッドで亡くなった。<ref>Fries Scheepvaart Museum, Object number 1992-257</ref><ref>Kalma, J.J. (1970). (ed.) de Tille, ed. Grote Pier Van Kimswerd. Netherlands. p. 50. ISBN 90-70010-13-5.</ref>マティーニ教会に埋葬され、その墓は教会の北側に存在する<ref>Geldersche Volks-Almanak Published 1853</ref><ref>Kok, Jacobus (1791). "Pier Gerlofs Donia". Vaderlandsch Woordenboek. 24 (P–R). Amsterdam: Johannes Allart. pp. 17–21.</ref>
 
街を完全に破壊し火を放ち、略奪を行い、住民を虐殺し、船上のオランダ人達を海に投げ落とし「オランダ人の十字架(Kruis der Hollanders)」と言われるほどに暴れまわったが、[[ハプスブルク家]]の攻勢は止まらなかった。1519年に体調不良を起こし、Wierd Jelckamaに部隊の指揮を引き継ぎ引退した<ref>Kok, Jacobus (1791). "Pier Gerlofs Donia". Vaderlandsch Woordenboek. 24 (P–R). Amsterdam: Johannes Allart. pp. 17–21.</ref>。
息子のGerloffは子供を作らず亡くなったが、娘のWobbleは結婚し子孫を残している。
 
1520年10月28日、ビーアは[[フリースラント]]のスネーク市Grootzand 12のベッドで亡くなった。<ref>Fries Scheepvaart Museum, Object number 1992-257</ref><ref>Kalma, J.J. (1970). (ed.) de Tille, ed. Grote Pier Van Kimswerd. Netherlands. p. 50. ISBN 90-70010-13-5.</ref>マティーニ教会に埋葬され、その墓は教会の北側に存在する<ref>Geldersche Volks-Almanak Published 1853</ref><ref>Kok, Jacobus (1791). "Pier Gerlofs Donia". Vaderlandsch Woordenboek. 24 (P–R). Amsterdam: Johannes Allart. pp. 17–21.</ref>。息子のGerloffは子供を作らず亡くなったが、娘のWobbleは結婚し子孫を残している。
 
=== 脚注 ===
;※1内乱
:'''VetkopersとSchieringersによる内乱''':共にフリース語でVetkopersは「油売り」の意で、武力による独立を望んでいた多くが油製品の販売を行っていた。Schieringerは「交渉者」の意で、武力の前に交渉を行う事選んだ者たちの事である。
:'''フリースラント'''は、ゲオルクの父[[アルブレヒト3世 (ザクセン公)|アルブレヒト3世]]が武力[[征服]]した地域である。それを継いだ弟[[ハインリヒ4世 (ザクセン公)|ハインリヒ4世]]では統治できず、兄のゲオルクに譲渡を行った。
 
==民話==
807

回編集