「Wikipedia:合意形成」の版間の差分

m
英語版同様のショートカット挿入
m (英語版同様のショートカット挿入)
{{Guideline|こういけいせい|WP:CON|WP:CONS}}
{{Navibox 合意形成}}
このページは、[[ウィキペディア日本語版]]における[[合意形成]]の方法について解説したページです。
 
=== 合意に向けた作業 ===
{{policy shortcut|WP:CONACHIEVE}}
合意に向けた議論は常に「理由」を示して「相手を説得する」努力が求められます。議論が決裂して対立した怒鳴り合いになる場合には、そこに合意の可能性はなく、記事の品質に悪影響を及ぼします。そういうことがあるものの、合意は単なる同意ではありません。あることについて一握りの編集者の同意は、最も薄弱な意味を除けば合意を形成しません。合意は広範な過程であり、編集者には百科事典に記す実用上の必要性ならびに法的、倫理的制限とともに競合する見解の間における妥当なバランスを協議することが望まれる中で、記事内容の特定の点が記事全体の観点および百科事典における記事の位置付けの観点から検討されます。
 
=== 合意のレベル ===
{{Policy shortcut|WP:CONLIMITED|WP:Local consensus|WP:CONLEVEL}}
ある場所のある時点における限られた編集者グループでの合意は、より大きな規模のコミュニティの合意を無効にすることはできません。[[Wikipedia:方針とガイドライン|方針とガイドライン]]に関する場合、他のページ以上に関与と合意に高い基準が期待されます。いずれの場合でもコミュニティに対して十分な告知が行われる場合のみ、沈黙を同意とみなすことができます。
 
 
=== 編集作業の結果としての合意 ===
{{policy shortcut|WP:EDITCONSENSUS}}
[[File:Consensus Flowchart ja.png|thumb|right|300px|編集が行われた際には他の編集者はその編集を承認するか、変更するか、あるいは[[Help:以前の版にページを戻す方法|リバート]]するかの選択肢を持っています。これらの選択肢は必要な場合に議論されます。]]
{{See also|Wikipedia:編集方針}}
 
===ノートページにおける合意形成===
{{policy shortcut|WP:TALKDONTREVERT}}
{{See also|Wikipedia:ノートページのガイドライン}}
編集は[[Wikipedia:ページの編集は大胆に|大胆]]に行ってください。[[Help:ノートページ|ノートページ]]は記事の成長を議論したり、記事の編集に関係する合意形成のためにも利用することができます。この大胆な編集、リバート、議論の三つの繰り返しはウィキペディアに共通するテーマです。ウィキペディアは[[Wikipedia:方針とガイドライン|方針とガイドライン]]の変更には他の記事より多くの参加と合意を要求します。合意が難しい時には独立の、あるいは経験を積んでいる編集者がその議論に参加する必要がある場合もあります。[[Wikipedia:編集合戦|編集合戦]]あるいは破壊的な編集が記事の編集を妨げる時、あるいは合意が不可能な時には[[Wikipedia:論争の解決|論争の解決]]が利用できます。
1,999

回編集