「カイラス山」の版間の差分

サンスクリット名を英語版のノートでの議論に従い修正
編集の要約なし
(サンスクリット名を英語版のノートでの議論に従い修正)
'''カイラス山'''({{lang|en|Kailash / Kailas}})、または '''カン・リンポチェ'''({{lang-bo|གངས་རིན་པོ་ཆེ་}}、{{lang-zh|岡仁波齐峰}})は[[チベット高原]]西部([[ンガリ]])に位置する[[独立峰]]。
 
[[サンスクリット]]名は'''カイラーシャ・パルヴァタ'''({{lang|sksa|कैलाश पर्वतकैलास}} {{langunicode|en|Kailāśa ParvataKailāsa}})。カイラーシャとサの語源不明だが、[[サンスクリット]]で[[水晶]]を意味するケーラーサ({{lang|sa|केलास}})と関係があるかもしれない。この名称が[[英語]]等へ伝わった {{lang|en|Kailash / Kailas}} が、日本語における名称「カイラス」の直接の由来である。
 
標高6656mの未踏峰。信仰の山である為、[[登頂]]許可は下りない。但し、修行僧でもあり、[[吟遊詩人]]でもある[[ミラレパ]]([[1040年]] - [[1123年]] / [[1052年]] - [[1135年]])が山頂に達したという伝説が有る。