「ネルウァのフォルム」の版間の差分

aeの古代の発音は「アエ」のため修正
(en:Forum of Nerva 18:11, 19 November 2013UTC版 歴史セクションまでの翻訳)
 
(aeの古代の発音は「アエ」のため修正)
{{Ancient monuments in Rome
| name= フォルム・ネルウァ<br/>Forum Nervæ<br/>(Foro di Nerva)
| label_name=
| image_name= Panorama Foro di Nerva - Agosto 2014 - Equirettangolare.jpg
|}}
 
'''ネルウァのフォルム'''({{lang-la|Forum Nervæ}},フォルム・ネルウァ)は[[古代ローマ]]時代の[[ローマ]]に造られた[[フォルム]](公共広場)。[[皇帝たちのフォルム]]内で最も小規模のフォルムである。
 
== 概要 ==
ネルウァのフォルムは、85年に[[ローマ帝国]]第11代皇帝[[ドミティアヌス]]が建設を始め、後継者である第12代皇帝[[ネルウァ]]の時代の97年に完成した。
 
[[アウグストゥスのフォルム]]と[[ウェスパシアヌスのフォルム]]のちょうど間にあるため、またこのフォルムの敷地内を横断して[[フォロ・ロマーノ|フォルム・ロマヌム]]と北側の居住地域を結ぶVia Argiletumが通っていたため、その「通路」を意味する<ref>[http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Places/Europe/Italy/Lazio/Roma/Rome/_Texts/PLATOP*/Forum_Nervae.html LacusCurtius Forum of Nerva] it was the main thoroughfare between the Subura p228and forum Romanum and the other imperial fora, it soon became known as the forum Transitorium</ref>フォルム・トランシトリウム({{lang-la|Forum Transitorium}})とも呼ばれていた。 Via Argiletumはこのフォルムが建てられる前より書店や靴職人の露店が出る市場であったため、ネルウァのフォルムは露店市場として、またフォルム・ロマヌムの事実上の入口門として機能していた。
 
フォルムの建物は長細く、長辺の両端に並んでいた列柱は単なる飾りで、アーケードとはなっていなかった。北東端には[[ミネルウァ]]神殿が建てられていた。
匿名利用者