「オートヴィル朝」の版間の差分

m
編集の要約なし
(家系図にタンクレード(ガリラヤ公)と、その母親エマを加えました。また、最初の解説で、ギスカールだけでなくタンクレードの息子たちがみな南イタリアに移っていったというニュアン)
m
'''オートヴィル朝'''(オートヴィルちょう)は、[[イタリア]]の中世[[シチリア王国]]の王朝([[1130年]] - [[1194年]])。一般には'''ノルマン朝'''という呼称で知られている。
 
オートヴィル家(Maison de Hauteville, イタリア語ではアルタヴィッラ家 Casa d'Altavilla)は、[[フランス王国|フランス]]の[[ノルマンディー公国]]出身の[[ノルマン人|ノルマン系]][[騎士]]の家系であったが、グリエルモ(鉄腕グリエルモ Guglielmo Braccio di Ferro)をはじめとするタンクレードの息子たちが[[南イタリア]]に移住し傭兵として活躍、そのうちロベール・ギスカール([[ロベルト・イル・グイスカルド]])が[[南イタリア]]及び[[シチリア島]]を征服して、[[1059年]]に正式に[[教皇|ローマ教皇]]によってプッリャ・カラブリア[[公爵]]に封じられた。[[1072年]]、ロベルトは弟の[[ルッジェーロ1世]]にシチリアを分与して[[伯爵]]とした。ロベルトの息子[[ボエモン1世 (アンティオキア公)|ボエモン1世]]は[[第1回十字軍]]に参加し、[[アンティオキア公国]]を建てた。
 
プッリャ・カラブリア公爵家はロベルトの孫グリエルモ2世の代で直系が絶え、ルッジェーロ1世の息子である[[ルッジェーロ2世]]が継承したことでナポリ・シチリアが統合された。ルッジェーロ2世は[[1130年]]、ローマ教皇から王号を得たことにより、シチリア王国が成立する。
45

回編集