「杉本達夫」の版間の差分

編集の要約なし
'''杉本 達夫'''(すぎもと たつお、[[1937年]]([[昭和]]12年)[[1月17日]] - )は、日本の[[中国文学者]]、[[早稲田大学]][[名誉教授]]。
 
[[京都府]][[与謝郡]]生まれ。1959年[[大阪外国語大学]]中国語科卒。62年[[東京都立大学]][[大学院]][[博士課程]]中退、同[[助手]]、71年早大[[文学部]]専任[[講師]]、75年[[助教授]]、80年[[教授]]、92-94年第二文学部長。2006年退任、名誉教授。[[老舎]]を中心に近現代中国文学を翻訳紹介した。
==人物==
[[京都府]][[与謝郡]]生まれ。1959年[[大阪外国語大学]]中国語科卒。62年[[東京都立大学]][[大学院]][[博士課程]]中退、同[[助手]]、71年早大[[文学部]]専任[[講師]]、75年[[助教授]]、80年[[教授]]、92-94年第二文学部長。2006年退任、名誉教授。[[老舎]]を中心に近現代中国文学を翻訳紹介した。夫人は[[須田禎一]]の長女真理子
 
==著書==