「破魔矢」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎商標: {{いつ|date=2014年8月}})
 
==破魔矢の概念==
日本では古来、[[呪術]]をかける事は少ないが、呪術に対する[[Wikt:破邪|破邪]]の慣習は多くある。 一般に破魔矢の先が鋭く尖っていないのは、目標とする人や物自体ではなく'''邪魔'''が発する邪気・邪意・邪道・邪心等の'''妖気を破り浄化する'''用を為せばよいので、鋭利な刃物である必要が無い為である。
 
一般には破魔矢のみがよく流通しているが、正式には、破魔弓で射て初めて邪魔を破り浄化する効力を発揮する。 一般人が破魔矢を持つ意味は、'''破魔弓'''は神や神主や破邪の能力を有する者が持って方向と力と気を定めて構え、'''破魔矢'''の所有者は破りたい魔に対する矢を提示する形で射られる、との仕組から来る。
 
飾り方としては、本来はその時々の凶方向や[[逢魔]]の方角に先を向けて配置するのが正式だが、通常言われている凶方向や神社などでの指示に従って飾っても、心の中で邪気に向けて破魔矢を射るとの意味合いで飾っても、効力を発揮すると言われている。
*[[平賀源内]]
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:はまや}}
[[Category:日本の文化]]
[[Category:神道]]
匿名利用者