「カシュガル市」の版間の差分

m
編集の要約なし
古代には[[疏勒]]国の国都であった。[[タリム盆地]]周辺には古くから[[トカラ語]]系の人々が住んでいた。彼らは[[コーカソイド]]ではない。疏勒国もそのひとつである。[[匈奴]]が強盛の時代にはその間接支配を受けたが、中国が統一され、[[漢]]が西方に進出して[[西域都護府]]を設置すると、その勢力下に入った。その後も中国の勢力が後退すると、[[柔然]]や[[突厥]]など北方民族の間接支配下に落ちたり、[[唐]]が[[安西都護府]]を設置すると、安西四鎮のひとつである疏勒都督府が置かれたりした。疏勒は[[タリム盆地]]南部を通る[[シルクロード]]南路の要所であり、この地を訪れた唐の[[玄奘]]は疏勒を[[仏教]]が盛んな国であると記述している。
 
[[タラス河畔の戦い|唐がタラス河畔で敗れた]]後は、共にテュルク語話者の[[カルルク]]に属する熾俟(Čigil)国が領有していたが、北方の[[モンゴル高原]]で突厥に代わった[[ウイグル]]が[[9世紀]]に衰亡してキルギスに滅ぼされ、ウイグル人が大挙西遷してタリム盆地に入った際に熾俟国も服属したとみられる。ウイグルは土着のトカラ語系民族と混血し、この地の言語はテュルク化(ウイグル化)する。さらに[[10世紀]]には最初の[[テュルク系]]イスラム王朝である[[カラハン朝]]の勢力がパミール高原を越えてカシュガルに延び、その王都となったこともある。
 
[[宋 (王朝)|宋]]代には[[契丹]]族が建てた[[西遼]]に属し、[[元 (王朝)|元]]代には[[チャガタイ・ハン国]]の[[陪都]]となり、[[明]]代には[[ヤルカンド・ハン国]]に属した。このような歴史のなかでカシュガルはイスラム化したウイグル人の中心的都市となる。[[清]]代に入ると、[[乾隆帝]]の新疆征服により、カシュガル直隷州が設置され、新疆南部を統治する参賛大臣が駐在した。清末の混乱期には[[コーカンド・ハン国]]から来た[[ヤクブ・ベク]]がカシュガルを拠点に一時タリム盆地一帯を支配したが、[[左宗棠]]により討伐されている。
1,066

回編集