メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
:柘植暁の弟・翠を主人公とした番外編。
:#『コーラス』2006年6月号・8月号、18巻収録
== あらすじ ==
 
ホテル東洋に勤務する鈴木沙耶は、ドジで恋愛経験も浅いOL。そんな彼女の上司となったのは、美形だが、厳格なエリート社員・柘植暁。沙耶はミスの連続でいつも柘植に叱られてばかり。そんなある日、いきなり柘植から交際を申し込まれる。
== 登場人物 ==
;鈴木 沙耶(すずき さや)
:本作の主人公。ホテル東洋勤務。[[青山学院女子短期大学]]卒業後、ホテル東洋に入社。入社後、総務部広報課に配属される。中学生時代の初恋を引きずっていたが、上司の柘植と恋愛のリハビリ後、恋愛関係になる。その後、秘書課秘書室に異動。ドジが多く、いつも柘植に叱られている
:身長164cmであり、秘書室では背が高い珍しい存在(沙耶が異動するまでの秘書室の女性の身長は全員160cm以下)。
:[[双生児|二卵性の双子]]の兄(央太)と妹(あゆこ)の3人兄弟の長女。
;柘植 暁(つげ すすむ)
:沙耶の上司。現在は婚約者である。[[早稲田大学]]卒業後、新入社員ながらホテル東洋の本社に配属されるエリート。[[埼玉県]]に実家があり、現在は[[目黒区|目黒]]の[[マンション]]で一人暮らし。[[BMW]]の車を持っている。厳格かつ冷徹で、いつも沙耶を叱っているが、根は優しく、徐々に彼女に惹かれていく
:沙耶と出会った頃は、総務部広報課で働いていたが、その後[[ハワイ州|ハワイ]]への転勤があり、現在は社長の息子の第一秘書をしている。
:視力が悪く、常にメガネを着用。兄(大)と弟(翠)妹の4人兄弟の次男。
2,142

回編集