「自動車事故対策機構」の版間の差分

編集の要約なし
m
== 概要 ==
「守る」「防ぐ」「支える」をスローガンに自動車事故防止と自動車事故被害者支援を業務の柱としている。
* 守る:安全な車選びのため、[[自動車アセスメント (日本)|自動車アセスメント]]情報を公開
* 防ぐ:事故の防止のために、各種講習を実施
* 支える:事故被害者の支援のために、各種資金提供及び療護施設を設置運営
市販車の安全性能評価試験と市販の[[チャイルドシート]]についての安全性能評価試験を行い、その結果を公表している。
 
自動車に関しては、衝突事故が起きた後の安全性性能試験(フルラップ前面衝突試験、オフを評価する自動車アスメン前面衝突試験側面衝突試験)、歩行者頭部保護事故を予防する性能試験及びブレーキ性能試験実施し評価する予防安全アセスメントが行われている(通称はJNCAP)
 
チャイルドシートに関しては、前面衝突試験(乳児用、幼児用)及び使用性評価試験を実施している。
186

回編集