「ラマーズ法」の版間の差分

少し加筆
m (リンク追加など)
(少し加筆)
 
== 日本におけるラマーズ法 ==
病院で管理された医師主導の分娩が主流となった1960年代に日本に紹介された。助産婦のサポートで産婦が夫とともに自立的に出産に臨み「いいお産」「自然なお産」ができると考えられ、ウーマンリブ活動家や助産婦、主体的に産みたい妊婦たちからの支持を受けて広まった。1978年に朝日新聞の連載「お産革命」<ref name=":4" />で紹介され、ラマーズ法が全国的に知られるようになる<ref name=":1" /><ref name=":2" />。杉山次子は医師や助産婦の協力を得て、東京に「お産の学校」を開校し、ラマーズ法1990年代なかばには、医師側からの理解も進み、ラマーズ法はあたりまえの存在になっていった。
 
* 1960年代後半、日本に紹介される<ref>『お産革命』</ref>。
* 1972年ごろから、日赤医療センターの雨森良彦はラマーズ法で出産希望の外国人夫婦らを受け入れ始める<ref name=":1">『お産革命』</ref>。
* 1973年、ウーマンリブ活動家の山田美津子<ref>日隈ふみ子 戦後日本の自然出産の流れ - 女性と助産婦との関係に焦点をあてて -</ref>は『女のからだ』翻訳時に日本ペアレントクラフトで講師養成の講座を受講。、女性が主体的に自分の出産にかかわるラマーズ法は、ウーマンリブの女性たちにも歓迎され、準備出産クラスが開かれるようになっていく<ref name=":2">『自然なお産を求めて』</ref>。
* 1975年ごろ、立川市の所産婦[[三森孔子]]はラマーズ法に出会い<ref>三森は、もともと 『助産婦雑誌』(医学書院)でラマーズ法について読んで「これはよさそうだな」と思っていた、と『すてきなラマーズ法お産』で述懐している。</ref>、ラマーズ法による出産を三森助産院でどnどん手がけるようになる。三森はラマーズ法に独自の工夫を加え、「三森式ラマーズ法」といわれる方法をあみだしていった<ref name=":0" /><ref name=":3">『すてきなラマーズ法お産』</ref><ref>中島勝枝『産む女。産まない女。産めない女。』主婦の友社 1987年</ref>。
* 1977年、「産婆の学校」が開校し三森も講師として参加<ref name=":2" /><ref name=":3" />。
* 1978年、聖母病院で尾島信夫医師によりラマーズ式分娩が採用される<ref name=":0" />。
* 1978年11月25日、朝日新聞記者の[[藤田真一]]が連載「お産革命」<ref>加筆改稿のうえで『お産革命』として翌1979年に単行本化</ref>でラマーズ法と三森助産院を紹介し、ラマーズ法が全国的に知られるようになる<ref name=":1" /><ref name=":2" />。
* 19801978年11月25日、朝日新聞記者の[[藤田真一]]が連載「お産革命」<ref name=":4">加筆改稿のうえで『お産革命』として翌1979代前半なる単行本化</ref>でラマーズ式無痛分娩法三森助産婦団体も院を紹介し、ラマーズ法を積極が全国的に後押しし広め知られるようになる<ref name=":1" /><ref name=":2" />。
* 1980年3月、「お産の学校」が開校。お産し、多数学校は受講者を集めて17年にわたって続き、ラマーズ法普及に大きな役割を果たし、1980年代なかごろには、ラマーズ法への理解も進み、一般に広く受け入れられるようになる<ref name=":2" />。
* 1980年代前半には、助産婦団体もラマーズ法を積極的に後押しし広めるようになり、病院での産前教育にも広く取り入れられるようになる<ref name=":2" /><ref>[https://soar-ir.shinshu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10091/14590/1/Nurshing_Research14-14.pdf 「お産の学級」への取り組み -母親学級の見直しー]</ref>。
* 1980年代なかごろには、ラマーズ法への理解も進み、一般に広く受け入れられるようになる<ref name=":2" />。
* 1986年、医師によるラマーズ法研究会が立ち上げられる<ref>[http://www.lamaze.gr.jp/about_lamaze_200308.html 林弘平 新ラマーズ法研究会をつくったわけと、これから ]</ref>
* 1996年、「お産の学校」が受講生の減少もあり、100期を区切りとして閉校<ref name=":2" />。