「キャスティング・ボート」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (→‎事例:  リダイレクト回避)
m
| 独自研究 = 2013年5月
}}
'''キャスティング・ボート'''('''キャスティング・ヴォート'''、: casting:casting vote)は、[[議会]]において[[法案]]や[[予算案]]、[[首班指名]]などが可否同数の場合、[[議長]]の職権で可否を決めること([[議長決裁]])をさす。
 
この本来の意味から転じて2大勢力が拮抗しいずれも過半数を制することができない場合、第三の勢力が事実上の決定権を行使できる立場になることをさす。このようなキャスティング・ボートを握る政党は拮抗する両勢力に対し非常に強い立場に立ち、しばしば二大勢力から様々な有利な取引の持ちかけが行われる。
 
==事例==
3,334

回編集