「上条町 (春日井市)」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 縄文ー弥生時代 ===
* 地内には上条遺跡が存在した。明確な位置は不明だが、出土物の中から古墳時代前期のものとみられる約6㎝の[http://kotobank.jp/word/%E4%B9%B3%E6%96%87%E9%8F%A1 乳文鏡]や[http://www.weblio.jp/content/%E7%9F%B3%E9%87%A7 石釧]などが発掘されている<ref name="">参考資料:小栗鐵太郎 『考古学雑誌 19巻 9号 尾張高藏寺村附近發見の遺跡遺物』、[[日本考古学会]]、[[1929年]][[9月5日]]、585-590頁。</ref><ref>参考資料:『博歴報56』 [[1994年]]。</ref>。また、上条町8丁目には王子製紙工場敷地内に弥生時代後期の遺跡である王子遺跡が存在したが現在は完全に消失している。<ref>参考資料:愛知県教育委員会著『愛知県遺跡分布地図 尾張地区編 P-[[1986年]]、19参考。</ref>
 
=== 鎌倉-江戸時代 ===
* [[建保]]6年([[1218年]]) - [[小坂光善]]が[[上条城 (尾張国)|上条城]]を築城。
* [[応永]]年間([[1394年]]-[[1428年]]) - 上条用水が豪族[[林重之]]によって切り開かれる。
* [[慶長]]年間初期([[1596年]]-[[1598年]]) - [[豊臣秀吉]]豪農[[林重登]]を[[春日井郡]]57ヶ村の[[庄屋]]に指名し、重登から[[林金兵衛]]までの15代に渡って林家が地内を基盤として春日井郡を統治。
 
=== 近代 ===
 
=== 地名の由来 ===
* [[条里制]]により柏井荘といわれていた頃、荘域を南北に二分して、条理第16条以北を「上条」としたところから来ていると言われている<ref>参考資料:春日井郷土史研究会著春日井の地名」(昭和52』、[[1977発行)参考]]。</ref>。
* JR春日井駅北口には「条里制遺構之標」の石標が建立されている。
 
* [http://www.city.kasugai.lg.jp/ 春日井市役所ホームページ]
* [http://www.blogmura.com/profile/00532845.html 春日井市上条町ブログ - にほんブログ村]
* [http://www.isekiwalker.com/iseki/254950/ 上条遺跡:愛知の遺跡]
 
{{Geographic Location
匿名利用者