メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
;近代文学
[[正岡子規]]は1895年(明治28年)4月に近衛師団つきの従軍記者として遼東半島に渡ったものの予定通りにはゆかず同年5月には帰国の途につくはめになり、帰国の船中で喀血して重態に陥り、神戸病院に入院し、結核と思われ、当時は[[結核]]は「不治の病」という位置づけであったので、自分に死・死期が迫っていると覚悟した。喀血した(血を吐いた)ことから、「鳴いて血を吐く」と言われているホトトギスと自分を重ね合わせ、ホトトギスにちなむ句を一晩で数十も作ったという。そして、ホトトギスの漢字表記のひとつの「子規」を自分の俳号とした。
 
* 文芸雑誌『[[ホトトギス (雑誌)|ホトトギス]]』
* [[徳富蘆花]]作『[[不如帰 (小説)|不如帰]]』
匿名利用者