「乾」の版間の差分

m
+
m (+ )
'''乾'''(けん)は[[八卦]]の一つ。卦の形は[[画像:Ken.png]]であり、三[[]]がすべて陽。または[[六十四卦]]の一つであり、乾為天。乾上乾下で構成される。[[方角]]としては北西の方角になり、[[戌]](いぬ)と[[亥]](い)の間であることから乾は「いぬい」とも読まれる。
 
== 八卦 ==
329

回編集