「ソーセージ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
** [[ポーランド]]の{{仮リンク|キェウバーサ|en|Kielbasa}}
** [[中国]]の{{仮リンク|香腸|zh|香腸}}(シアンチャン)や{{仮リンク|臘腸|zh|臘腸}}
** [[朝鮮半島]]の[[スンデ]]
** [[タイ王国]]の[[タイ料理#肉・魚料理|ネーム]]や[[イーサーン料理|サイクローク・イーサーン]]
** [[アメリカ合衆国]]・[[カナダ]]の[[ペパロニ]]やブーダン
また、ソーセージに似た郷土料理としては、赤身肉や[[ジャガイモ]]をメス豚の[[胃]]に詰めてゆでた[[プファルツ地方|プファルツ]]風の{{仮リンク|プフェルツァー・ザウマゲン|de|Pfälzer Saumagen}} がある。
 
血を腸に詰めたソーセージ([[ブラッドソーセージ]])として、フランスの[[ブーダン (料理)|ブーダン]]、[[台湾]]の{{lang|zh|豬血糕}}、朝鮮半島のスンデ、[[イギリス]]のブラックプディングなどがある。ブーダンは[[リンゴ]]を添えた料理が一般的である。[[レバーソーセージ]]は材料の肉の一部を[[レバー (食材)|レバー]]に置き換えたソーセージである。また、臓物を腸に詰めた[[フランス]]の{{仮リンク|アンドゥイエット|en|Andouillette}}というソーセージもあり、大きさによって従来のソーセージのように一本丸ごと使うか、[[ハム]]のようにスライスする。いずれも独特の臭味があるが慣れると好む人も多い。
 
[[マグリブ]]諸国には[[豚肉]]の代わりに[[ハラール]]の[[羊肉]]を使い赤[[唐辛子]]をきかせた{{仮リンク|メルゲーズ|en|Merguez}}という腸詰があり、[[北アフリカ]]からの移民の多いフランスでも一般的である。
40

回編集