「長波」の版間の差分

「脚注」を追加
(「脚注」を追加)
{{otheruses||日本の駆逐艦|長波 (駆逐艦)}}
'''長波'''(ちょうは、LF (Low Frequency) あるいまたはLW (Longwave, Long Wave))とは長波帯 (30 - 300[[キロヘルツ|kHz]]) の[[電波の周波数による分類|周波数]]の[[電波]]をいう。波長は1 - 10[[キロメートル|km]]
[[波長]]は1 - 10[[キロメートル|km]]、キロメートル波とも呼ばれる。
 
== 概要 ==
伝播の特徴としては特に高緯度地域で大きな[[空中線電力]]の地表波が安定して利用でき、また大[[空中線電力|電力]]の送信機が比較的簡単に製作できる。そのため高[[緯度]]地域の[[ラジオ]][[放送]]などに利用される。
 
[[日本]]では、[[誘導無線]]・[[標準電波]]・[[LORAN]]-C無線航行・[[アマチュア無線]]などに用いられる。
 
== 長波放送 ==
[[国際電気通信連合]]は、第1地域([[アフリカ]]・[[ヨーロッパ]])に放送用として148.5 - 283.5kHz(155 - 283.5kHzは航空無線航行と共用)を分配
[[ヨーロッパ|欧州]]・[[トルコ]]・[[アフリカ]]・[[ロシア]]・[[モンゴル]]国のみ、放送用に148.5 - 283.5kHzが分配されている。LW (LongWave) と呼ばれる。うち日本では秋 - 春の夜間を中心にロシア[[沿海州]]、[[モンゴル国]]、深夜には[[タジキスタン]]など遠距離の放送も受信可能である。
<ref name="assign">総務省告示[[周波数割当計画]] 第2周波数割当表 第1表9kHz―27500kHz</ref>
している。
この地域内では、[[ヨーロッパ|欧州]]・[[トルコ]]・[[アフリカ]]・[[ロシア]]・[[モンゴル]]が実施している。
[[ヨーロッパ|欧州]]・[[トルコ]]・[[アフリカ]]・[[ロシア]]・[[モンゴル]]国のみ、放送用に148.5 - 283.5kHzが分配されている。LW (LongWave) と呼ばれる。うち日本では秋 - 春の夜間を中心にロシア[[沿海州]]、[[モンゴル国]]、深夜には[[タジキスタン]]など遠距離の放送も受信可能である。
 
== 長波を使用する施設 ==
* [[LORAN]]-C (100kHz)
* [[無指向性無線標識]] (190kHz - )
* 海上保安庁[[グローバル・ポジショニング・システム#測位法|DGPS]]局 (288kHz - )
* ラジオ放送局(153 - 279kHz 日本では使されていない
* アマチュア無線 (135.7kHz - 137.8kHz)
 
== 脚注 ==
<references />
 
{{電波の周波数による分類}}
匿名利用者