「経 (仏教)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
チベットの四大宗派のひとつ[[ニンマ派]]では、ある時期に埋蔵された経典(テルマ gter-ma)が、時を経て、しかるべき定めを帯びたテルトン(埋蔵経典発掘者)によって発見されたとする経、論を多数有し、同派の特徴となっている。テルマ(埋蔵経典)の出現は、中世以来、現代に至るまで継続しており、乾慧学者から発掘者による創作だと見なされることがある。この派は上記の諸版と異なる古タントラ集成(ニンマ・ギューブム)を有している。
 
== ・出典 ==
<references/>
 
* [[仏典]]・[[三蔵]]・[[一切経]]・[[大蔵経]]
** [[パーリ語経典]]([[南伝大蔵経]])
** [[大正新脩高麗八萬大蔵経]]
** [[チベット大蔵経]]
** [[大正新脩大蔵経]]
* [[道蔵]]
* [[写経]]