「ネプチューン・キング」の版間の差分

編集の要約なし
ネプチューンマンとのタッグチーム「ヘル・ミッショネルズ」を結成し、宇宙超人タッグ・トーナメントに参加。当初はフードをかぶり正体を隠していた。完璧超人の先発隊として1回戦第2試合に[[スクリュー・キッド]]と[[ケンダマン]]を送り込むが、2000万パワーズ([[ラーメンマン|モンゴルマン]]、[[バッファローマン]])に敗北し、敗北と凶器攻撃という完璧超人の掟を犯した2人に制裁を加えることをネプチューンマンが宣言。生き残りの条件としてその場で2人と対戦となり2人の地獄のねじ回し(アニメではスクリューキッドの四点スクリュー責め)からネプチューンマンを庇う。その際、オーバーボディはひび割れそのまま砕け散るがスクリューキッドも全身がひび割れて砕け散ってしまった(ケンダマンはパートナーの死に恐怖して逃亡を図るがネプチューンマンにより殺害された)。
 
第3試合では超人師弟コンビ([[ロビンマスク]]、[[ウォーズマン]])と戦う。武道はヘル・ミッショネルズの先陣を切るが、ロビンマスクの作戦により新技ロビン・スペシャルを受けてネプチューンマンと交代。その後、助けに入ったウォーズマン、体力を消耗したロビンマスクをネプチューンマンとの合体技「クロス・ボンバー」によってKOするした。2人はマスク奪われ素顔を晒し、武道は2人を場外に投げ落とす。
 
2回戦第1試合の、マッスル・ブラザーズ([[キン肉スグル|キン肉マン]]、[[キン肉マングレート]])対はぐれ悪魔超人コンビ([[アシュラマン]]、[[サンシャイン (キン肉マン)|サンシャイン]])では、2000万パワーズと共にランバージャック・デスマッチの囲みに加わる。ゴンドラに入った2人のゴンドラを竹刀で打ち落とし、助けに入ったキン肉マンを妨害、アシュラマンの三面を奪い、ネプチューンマンがサンシャインを殺害する。この際にアシュラマン達が所持していた呪いの人形を発見し、仲直りしかけていたキン肉マンと2000万パワーズが人形同士の距離が開いた途端に再び険悪となったのを見てこれを奪う。
 
第2試合は2000万パワーズと金網・有刺鉄線デスマッチで戦う。モンゴルマンが金網に恐怖心を持っているのに気付くと破り取った金網にモンゴルマン入れ振り回してトラウマを攻めるなどあまり戦わなかった1回戦以上の活躍を見せ、磁力を操る「マグネット・パワー」を披露する。モンゴルマンのマスクを奪い、助けに乱入したキン肉マンの左腕をも切断した。
 
決勝戦のマッスル・ブラザーズとの3本勝負では、1本目でキン肉マングレートのマスクを10分で狩ることを予告し、前夜にテリーマンの埋めた[[プリンス・カメハメ]]の死体を会場のパイプ椅子に座らせて、それを見せることでグレートの正体がカメハメでないことを示してグレートを孤立させ、これを達成する。
匿名利用者