「ニピゴン湖」の版間の差分

m
→‎歴史: 校正
m (→‎歴史: 校正)
[http://www.brocku.ca/maplibrary/images/113.jpg Brock University Map Library]</ref>。この基地は西側のフランス基地の大半と同様に、1696年に国王の命令で閉鎖された。このとき、ビーバーのベルトが過剰なために1681年に作られていた交易許可の仕組みが廃止された<ref>Nive Voisine, «Robutel de la Noue, Zacharie» Dictionnaire de biographie canadienne, v. 2 (1701-1740); Gratien Allaire, «Les engagements pour la traite des fourrures : évaluation de la documentation,» Revue d'histoire de l'Amérique française, 34 (juin 1980), 9-10.</ref>。この基地は18世紀にカマニスティゴイア砦の補助として再開され、フランスが支配していた時代は活動を続けた。
 
1744年4月17日、海洋大臣モーリパ伯爵がカナダの役人に、ジャン・ド・ラ・ポルトがヌーベルフランスにおけ奉仕の報酬として、その後にアレンピゴン湖から上がる利益を与えらえると知らせた。
 
[[ファイル:The Prince of Wales with guides at Lake Nipigon, in Northern Ontario, 1919 - Le prince de Galles accompagné de guides au lac Nipigon, dans le Nord de l’Ontario, 1919.jpg|thumb|right|[[エドワード8世 (イギリス王)|王太子時代のエドワード8世]]、ニピゴン湖で、1919年]]