「上条上杉家」の版間の差分

政繁は、後に[[関東管領]]を継承した[[上杉謙信|上杉輝虎]]の計らいで、[[能登国|能登]][[畠山氏]]([[足利氏]][[一門]]で、上杉家の[[外戚]]にあたる)から[[畠山義春]]を[[養子]]として迎えている。政繁・義春は[[1586年]]頃に上杉家を出奔し、義春は畠山氏に復姓している。上条上杉家は義春の次男[[上杉長員]]が継承し、後に[[江戸幕府]]の[[旗本]]となった。当初の[[知行]]は1,490石だったと云われる。
 
しかし、[[上杉義陳]]の時に男系の血統が絶え、親戚の高家畠山氏(義春の三男・[[畠山義真|義真]]の血統)から[[上杉知義|知義]]、[[伊予国|伊予]][[宇和島藩#伊予吉田藩|吉田藩]][[伊達氏]]から[[上杉義枝|義枝]]を養子に迎えた。以降は[[伊達政宗]]の長男・[[伊達秀宗|秀宗]]の男系子孫として続いている(また、義枝の嫡男である[[上杉義寿|義寿]]は知義の娘を母に持つため、同時に義春の血も引いている)。
 
== 系図 ==
匿名利用者