「ネバドデルルイス火山」の版間の差分

編集の要約なし
m (Removing Link GA template (handled by wikidata))
被災した市街は、1990年代の中頃になっても6m以上の火山灰や瓦礫に埋もれたままで、簡素な野生動物除けのフェンスに囲まれ小さな木が育ち始めていた。地元の住民が建築資材として付近の石材を採取するたびに犠牲者の遺骨が見つかり、この地に点在する霊廟へと納められた。
 
現在でアルメロの街は被災地の北約8kmに移転しており、旧市街地は再建されることなく墓地として保全され、今でも多くの遺体が眠っている。
 
この災害の復旧には、その年のコロンビアの[[国民総生産]]の約20%にあたる77億ドルが費やされた。
 
=== オマイラ・サンチェス ===
アルメロでは多くの人々が火山灰の泥濘に埋もれ身動きが取れなくなり、救助の試みもむなしく息絶えていった。中でも13歳の少女[[オマイラ・サンチェス]] ([[:en:Omayra Sanchez|Omayra Sanchez]])さん は、首と手だけが水の上に出た状態で救助を待ち続け、3日後に死去した。息を引き取った彼女オマイラさんが水の中に沈んでゆく映像が世界中に報道され、多くの人の涙を誘った。
 
== 脚注 ==
匿名利用者