「東北楽天ゴールデンイーグルス」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎総合: 追記)
:[[ファイル:Senichi_Hoshino_in_Fukuoka_Yafuoku!_Dome.jpg|thumb|300px|福岡ヤフオク!ドームにて(9月24日)]]
 
:[[1月23日]]、田中将大がポスティングシステムでMLB[[ニューヨーク・ヤンキース]]に移籍<ref>{{cite web|url=http://newyork.yankees.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140122&content_id=66940902&vkey=pr_nyy&c_id=nyy|title=Yankees sign RHP Masahiro Tanaka|work=MLB.com Yankees Press Release|author=|date=January 22, 2014|accessdate=January 23, 2014}}</ref>。[[5月26日]]、星野仙一が腰痛の為、対ヤクルト戦(神宮)で休養し、投手コーチの[[佐藤義則]]が指揮を執った<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/26/kiji/K20140526008240070.html 星野監督 腰痛で休養、歩行困難 佐藤投手コーチが代行]スポーツニッポン2014年5月26日配信</ref>。翌27日に[[腰椎椎間板ヘルニア]]と[[胸椎黄色靱帯骨化症]]であることと星野の休養と、佐藤義則が監督代行をつとめることが発表された<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4216.html 星野仙一監督 休養のお知らせ]楽天球団公式サイト2014年5月27日配信</ref>。[[7月2日]]、監督代行に二軍監督の[[大久保博元]]がつき、佐藤は一軍投手コーチに専念することになった<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/02/kiji/K20140702008489470.html 楽天 デーブ2軍監督が1軍代行監督に 2日から指揮]スポーツニッポン2014年7月2日配信</ref>。[[7月24日]]より星野が監督に復帰<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/24/kiji/K20140724008622360.html 星野監督が笑顔見せ球場入り、冗談めかして「正座して待っとけよ」]スポーツニッポン2014年7月24日配信</ref>するが、チームは低迷し、[[9月6日]]にはリーグ優勝の可能性が消滅し<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/06/kiji/K20140906008886110.html 楽天 連覇の可能性消滅も…目の前の1勝に執念みせた]スポーツニッポン2011年月日配信</ref>、[[9月18日]]に星野が監督退任を発表<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/18/kiji/K20140918008951690.html 星野監督が退任表明 オーナー慰留も本人の意志固く]スポーツニッポン2014年9月18日配信</ref>、[[9月29日]]にはBクラスが確定<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/29/kiji/K20140929009016800.html 楽天 連覇完全消滅 星野監督「もう見たくない」]スポーツニッポン2014年9月29日配信</ref>、10月7日の対オリックス戦(コボスタ宮城)に敗れ、最下位が確定した。なお前年優勝チームの最下位は前年の日本ハムに次いで史上5度目<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/08/kiji/K20141008009065860.html 優勝から最下位…楽天 プロ野球史上5度目の“屈辱”]スポーツニッポン2014年10月8日配信</ref>。[[10月14日]]、次期監督に二軍監督の大久保博元の就任を発表<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/14/kiji/K20141014009101460.html 楽天 大久保新監督発表「常勝軍団つくる」若手育成、星野前監督路線継承で評価]スポーツニッポン2014年10月14日配信</ref>。
:同8月、コボスタ宮城の全面増築が完成、先行完成(3月)した楽天山観覧席と、8月に完成した3塁側上段の増設席を合わせ28,907人収容となった効果もあり、8月30日・ソフトバンク戦において、レギュラーシーズン・ポストシーズンを通して当球場歴代最多となる25,308人を集客<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4508.html 8/30(土)球団史上最多の観客動員数を記録!](東北楽天ゴールデンイーグルス2014年8月30日リリース)</ref>したのを皮切りとして、観客動員記録を次々更新。最終的には1,450,233人(1試合平均単位で20,142人)の球団新記録を達成した。このうちコボスタ宮城に限れば67試合で1,350,293人(1試合平均20,153人)をマークした<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4612.html 球団新記録のシーズン観客動員数](東北楽天ゴールデンイーグルス2014年10月7日リリース 10月25日閲覧)</ref>
 
=== 大久保監督時代 ===
匿名利用者