「Message Passing Interface」の版間の差分

英語版から翻訳を追加
m (ボット: 言語間リンク 18 件をウィキデータ上の d:q127879 に転記)
(英語版から翻訳を追加)
 
業界団体や研究者らのメンバからなる MPI Forum によって規格が明確に定義されているため、ある環境で作成したプログラムが他の環境でも動作することが期待できる。
 
== 歴史 ==
MPIへの取り組みは1991年夏にオーストリアの山荘での、小規模な研究者のグループのディスカッションから始まった。
その議論は、翌1992年4月29-30日のバージニア州ウィリアムズバーグで、分散メモリ環境のためのメッセージパッシング規格の標準化についてのワークショップに引き継がれた。このワークショップでは標準的なメッセージパッシングインタフェースに必須となるであろう基本的な機能について議論され、標準化に向けてワーキンググループが設立された。[ジャック・ドンガラ]、
Rolf Hempel、 Tony Hey、David W. Walkerは1992年11月にドラフトを提案し、これがMPI1となった。1992年11月にはMPIワーキンググループの会議がミネアポリスで行われ、そこで標準化プロセスをより公式な仕組みに乗せることが決められた。
MPIワーキンググループは1993年の最初の9ヶ月間は6週ごとにミーティングを行った。
MPIのドラフトの標準規格は1993年11月のスーパーコンピューティングカンファレンスで発表された。
パブリックコメントの期間を経て、その内容がMPIに反映され、1994年6月にMPI version 1.0がリリースされた。
これらのミーティングとE-mailでの議論がMPIフォーラムそのものであり、このフォーラムへの参加の権利は
ハイパフォーマンスコンピューティング関係者の人たち全員に開かれている。
 
== 実装 ==
403

回編集