「オーストリア公国」の版間の差分

編集の要約なし
|注記 =
}}
'''オーストリア公国'''({{llang|言語記事名=ドイツ語|de|'''Herzogtum Österreich'''}}、{{llang|言語記事名=波語|pl|'''Księstwo Austriackie'''}}、{{llang|言語記事名=英語|en|'''Duchy of Austria'''}})は、[[神聖ローマ帝国]]内の、現在の[[オーストリア|オーストリア共和国]]に存在した[[領邦]]。[[1156年]]の成立から[[1457年]](大公を称したのは[[1359年]])の'''[[オーストリア大公国]]'''の成立まで、[[バーベンベルク家]]、[[プシェミスル朝|プシェミスル家]]及び[[ハプスブルク家]]が統治した。
 
== 概要 ==
{{See also|ハプスブルク君主国|神聖ローマ帝国|オーストリアの歴史}}
前身は[[オーストリア辺境伯領]]、さらに[[オストマルク東方辺境伯|オストマルク東方辺境伯領]]が最初の起源である。神聖ローマ帝国内の[[領邦]]ではあるが、帝国内でも重要な地域で、のちにハプスブルク家当主が[[神聖ローマ皇帝]]を世襲した。
 
1359年に[[ルドルフ4世 (オーストリア公)|ルドルフ4世]]は[[オーストリア大公]]を僭称した。皇帝に即位した[[フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ3世]](オーストリア領主としてはフリードリヒ5世)が[[1457年]]に帝国法によってこれを正式の称号として定め、以後はその領国もオーストリア大公国を称するようになった。
* [[1251年]]、プシェミスル朝の[[ボヘミア王]][[オタカル2世]]が[[バーベンベルク家]]の[[マルガレーテ・フォン・バーベンベルク|マルガレーテ]]と結婚して、オーストリア公を継承する。
* [[1278年]]、神聖ローマ皇帝[[ルドルフ1世 (神聖ローマ皇帝)|ルドルフ1世]]が[[マルヒフェルトの戦い]]でオタカル2世を敗死させ、オーストリア公国を獲得。ハプスブルク家によるオーストリア統治が始まる。
* [[1335年]]、[[アルブレヒト2世 (オーストリア公)|アルブレヒト2世]]と[[オットー (オーストリア公)|オットー]]が[[ケルンテン公国]]を相続する。
* [[1359年]]、[[ルドルフ4世 (オーストリア公)|ルドルフ4世]]がオーストリア大公を称する。
* [[1363年]]、ルドルフ4世が[[チロル]]伯領を獲得する。
* [[1457年]]、神聖ローマ皇帝[[フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ3世]]がオーストリア大公の称号を正式のものとする。
 
匿名利用者