メインメニューを開く

差分

父親はソーセージ工場の労働者であった。少年期はセオドアの[[名前の短縮型|愛称]]であるテッド、またはテディという愛称で呼ばれ、内向的ではあるが、高い知能を持つ勉強好きな少年で小学校5年での[[知能指数|IQ]]が167もあった。幼少期、[[蕁麻疹]]性疾患で隔離入院を経験する。子供の頃の彼は、他人の感情を理解できず、友達と遊ぶような子ではなかった。また他人に触られることを極端に嫌がったり、音に非常に敏感であったため、医学者のJ. Arturo Silvaの論文では[[アスペルガー症候群]]であったと書かれている<ref>http://www.autismwebsite.com/crimetimes/05c/w05cp13.htm</ref>。
 
学業は天才的な優秀さで、地元で知らぬ者はいないといわれた。15歳の時には、上級数学コースを高校で受講しており、[[ラプラス変換]]などを勉強していた<ref>http://www.jcs-group.com/enigma/fascination/kaczynski.html</ref>。[[飛び級]]により、16歳で[[ハーバード大学]]に進学した。学生時代、とりわけ学寮の寮生の間では、彼との会話を思い起こせないでいるほど印象の薄い学生だった。大学時代、[[CIA]]の前身機関でスパイ養成を行っていた心理学者・[[ヘンリー・マリー]]教授による行動心理実験の被験者となる。この時受けた心理的拷問体験や、隔離入院の経験が、後の犯行心理の奥底にあるといわれる。ハーバードの最後の年の成績は、Math 210のクラスでB、Math 250のクラスでBであり、3.12のGPAで卒業した。この時20歳であった。この成績は、グレードインフレーションがなかった時代とは言え、[[ハーバード大学]]に飛び級で入学した割には良くなかった。そのためか、[[シカゴ大学]]、[[カリフォルニア大学バークレー校]]、[[ミシガン大学]]の大学院には合格したが、ファイナンシアルエイドやティーチングアシスタントのポジションは最初、どこの大学院でも得られなかった。しかし最終的には[[ミシガン大学]]の大学院でティーチングアシスタントのポジションが得られたので、ミシガン大学の大学院に入学することにした<ref>http://www.michigandaily.com/content/he-came-ted-kaczynski-he-left-unabomber</ref>。
 
[[File:Young theodore kaczynski.jpeg|thumb|カリフォルニア大学バークレー校の助教授だった頃のカジンスキー]]
344

回編集