「複屈折」の版間の差分

編集の要約なし
ここで <math>n_o</math> は通常光線についての屈折率、<math>n_e</math> は異常光線についての屈折率である。二つの光線についての屈折率は入射光が[[光学軸]]と同軸で入射するときは一致する。通常光線についての屈折率は入射光の光学軸に対する角度には依存しない。一方で、異常光線についての屈折率は入射光の光学軸に対する角度によって変化し、入射光と光学軸のなす角が垂直の時に最大になる。
 
もっと一般的には、'''異方的な'''[[誘電体]]の[[誘電率]]をランク2の[[テンソル]](3×3行列)で記述する。複屈折性の物質は実対称誘電率テンソル <math>\epsilon</math> の特別な場合であり、3つの直交する偏極主軸についての固有値が <math>n_o^2</math>、<math>n_o^2</math>、および <math>n_e^2</math> であるものに対応する(または、光の伝播方向を固定して考え、残りの2つの軸だけを考えることもある)。
 
複屈折は原理的には誘電体だけではなく[[磁性体]]でも生じ得るが、[[透磁率]]は光の振動数の領域ではほとんど変化しない。
匿名利用者