「准定期運送用操縦士」の版間の差分

編集の要約なし
身体的条件(健康状態)は[[自家用操縦士]]等に比べて基準が高い「第一種航空身体検査証明」が必要である。現役の[[操縦士|パイロット]]であっても航空身体検査をクリアし、継続して航空身体検査証明を取得出来なければ操縦をすることができなくなる。
 
取得者の進路としては国内線・国際線の副操縦士があるが、現在航空会社の自社養成においてのみ可能な資格<ref>[http://press.jal.co.jp/ja/release/201310/002686.html 日本航空プレスリリース「JAL、パイロット訓練において日本初となるMPL訓練を導入」]</ref><ref>[http://www.ana.co.jp/pr/13_1012/13-131.html ANA NEWS「ANAは副操縦士昇格訓練に新たにMPL訓練を導入します」]</ref>であり、それ以外では将来的にも[[航空大学校]]又はその他の指定[[航空従事者養成施設]]でなければ取得できない。
 
==試験科目==
匿名利用者