「ジャン・コクトー」の版間の差分

一部の訂正
m
(一部の訂正)
{{Infobox 作家
| name = ジャン・コクトー<br>Jean Cocteau
| image = Jean Cocteau b Meurisse 1923.jpg
| imagesize = 200px250px
| caption = [[1923年撮影]]
| pseudonym =
| birth_name =
| birth_date = [[1889年]][[7月5日]]
| birth_place = [[フランス]] [[イヴリーヌ県]][[メゾン=ラフィット]]
| death_date = {{死亡年月日と没年齢|1889|7|5|1963|10|11}}
| death_place = フランス [[エソンヌ県]]ミリィラ・フォレ
| occupation = [[詩人]]、[[小説家]]、[[劇作家]]、[[評論家]]、[[画家]]、[[映画監督]]、[[脚本家]]
| nationality = {{FRA}}
}}
[[ファイル:Akos Biro et Cocteau.jpg|thumb|200px|ジャン・コクトー、右端]]
'''ジャン・コクトー''' ('''Jean Cocteau'''、[[1889年]][[7月5日]] - [[1963年]][[10月11日]]) は、[[フランス]]の芸術家[[詩人]]、[[小説家]]、[[劇作家]]、[[評論家]]として著名であるだけでなく、[[画家]]、[[映画監督]]、[[脚本家]]としての活動も行った。自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。[[ダダイスム|ダダ]]や[[シュルレアリスム]]と相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。
 
== 生涯 ==
フランスの[[パリ]]近郊の小さな町である[[メゾン=ラフィット]]でクレマン・ウジェーヌ・ジャン・モリス・コクトー(Clément Eugène Jean Maurice Cocteau)として生まれる。当時12歳の姉マルト、当時8歳の兄ポールに次いで生まれた末っ子である。父ジョルジュは絵を描く趣味があった。
 
[[1898年]]、父ジョルジュがピストル自殺。中学校時代には図工の成績はよかった。同級生のピエール・ダルジュロスは小説『[[恐るべき子供たち]]』のダルジュロスのモデルとも言われる。高校生時代には、学業には力を入れず、[[マルセル・プルースト]]らと出会うなど文学に没頭するが、大学受験に失敗し、進学を断念する。
 
[[1909年]]、自費にて最初の詩集『アラディンのランプ』を発表する。[[ヴァーツラフ・ニジンスキー|ニジンスキー]]に出会うなど、[[バレエ]]関連の人脈も増える。ここから広がるバレエ人脈の中でも、[[セルゲイ・ディアギレフ|ディアギレフ]]のバレエ団[[バレエ・リュス]]を通じて、[[ココ・シャネル]]をはじめ多くの人と出会うこととなる。[[1911年]]、[[イーゴリ・ストラヴィンスキー|ストラヴィンスキー]]にも出会う。
 
=== 映画 ===
* 『[[詩人の血 (映画)|詩人の血]]』 ''Le Sang d'un poète'' (1930(1932)) 監督・脚本
* 『[[美女と野獣悲恋 (1946年の映画)|美女と野獣悲恋]]』 ''LaL'éternel Belle et la bêteretour'' (1946(1943)) 原作・脚本
* 『[[ブローニュの森の貴婦人たち]]』 ''Les dames du Bois de Boulogne'' (1944年) 台詞
* 『[[美女と野獣 (1946年の映画)|美女と野獣]]』 ''La Belle et la bête'' (1946年) 監督・脚本
*:『美女と野獣』(釜山健訳、創元ライブラリ文庫:東京創元社、1995年)-シナリオ
* 『[[リュイ・ブラース|ルイ・ブラス]]』''RUY-BLASRuy Blas''(1947 (1948)、) 脚本 ([[ヴィクトル・ユゴー]]原作
* 『{{仮リンク|双頭の鷲[[アモーレ (映画)|en|The Eagle with Two Heads|label=双頭の鷲}}アモーレ]]』 ''L'Aigle à Deux Têtesamore'' (1947(1948)) 原作
* 『{{仮リンク|双頭の鷲 (映画)|en|The Eagle with Two Heads|label=双頭の鷲}}』 ''L'Aigle à Deux Têtes'' (1948年) 監督・脚本・原作
* 『[[恐るべき親達]]』 ''Les Parents terribles'' (1948(1948)) 監督・脚本・原作
* 『[[オルフェ (19491950年の映画)|オルフェ]]』 ''Orphée'' (1949(1950)) 監督・脚本・原作
* 『[[サント・ソスピール荘]]』 ''La Villa Santo-Sospir'' (1952年)
* 『[[恐るべき子供たち]]』 ''Les Enfants Terribles'' (1950年) 原作・脚本
* 『[[オルフェの遺言 ―私に何故と問い給うな―]]』 ''Le Testament d'Orphée'' (1960年)
* 『[[サント・ソスピール荘]]』 ''La Villa Santo-Sospir'' (1952(1952)) 監督
* 『[[オルフェの遺言 ―私に何故と問い給うな―]]』 ''Le Testamenttestament d'Orphée, ou ne me demandez pas pourquoi!'' (1960(1960)) 監督・脚本・出演
 
== 参考文献 ==
2,614

回編集