「パイナップルボーイズ」の版間の差分

編集の要約なし
| Past_members = 杉田和弘/ドラム<br/>
}}
'''THE PINEAPPLE BOYS'''(パイナップルボーイズ)は、東京・青山のKIDS RADIO STATION の企画により生まれた、1980年代前半に活動した日本のロックバンド。メジャーデビュー後は主にサーフインス&ホッルメンタルロッドミュージックを演奏した。
== 概要 ==
音楽プロデューサー[[上野義美]]が立ち上げた,
日本初のミニFM局「KIDS RADIO STATION(以下KIDS)」から最初にデビューしたアーティスト。以後、[[オレンジシスターズ]]、[[ココナッツボーイズ]]([[C-C-B]])、ユミ・飛鳥らがKIDS専属ミュージシャンとしてデビューしている。
 
== 来歴 ==
=== デビュー前 ===
1979年、キーボード冨澤が結成したバンド『WINNER』が前身。都内の実力派バンドから巧いプレイヤーをピックアップして結成した彼らの演奏力は高かった。結成当初からオリジナル楽曲のみで活動しており、[[アレンジ]]は[[TOTO (バンド)|TOTO]]の影響を強く受けていた。『WINNER』初期メンバーのギタリスト・金子文男は、その後『ZEUS』のギターとして[[浜田麻里]]のバックで活動している。
 
1980年、ベースの恩田が加入。[[ヤマハポピュラーソングコンテスト]]東京都大会で演奏賞を受賞。直前にボーカリストが脱退し、急遽、冨澤が唄った。後にメンバーとなるギターの浜本は、『WINNER』のローディーを務めていた。
1982年、KIDSミュージシャンによるオムニバス・アルバム『RASPBERRY AVENUE』発売。収録曲とジングルのほぼ全て(ココナッツボーイズのスーパーボード以外)の演奏とコーラスを担当。
 
1983年、複数回のメンバーチェンジの末、セカンドギターの前岩がファーストギターに転向。セカンドギターには、アマチュア時代からローディーだった浜本が抜擢され、ムーンレコードから『FABULOUS! THE PINEAPPLE BOYS』をリリース、メジャーデビューを果たす。サウンドプロデュースは[[萩原健太]]。同じ事務所に所属していた[[陣内孝則]](元[[ロッカーズ]])のサポートバンドも半年ほど担当。陣内孝則&T-KIDSとして、ニューイヤーロックフェスティバル([[内田裕也]]主催、後のNew Years World Rock Festival」)に出演した。
 
1984年、事務所を移籍。ドラマーも変わる。事務所移籍後、『BIG WAVE』をリリース。同名タイトルのアメリカ[[ヘラルド]]映画『[[BIG WAVE]]』のインストルメント・サウンド・トラックも担当。ボーカルトラックは[[山下達郎]]が担当。BIG WAVEのプロモーションツアー中、セカンドギターの浜本が内臓疾患で緊急入院。キャンセル不可だった[[文化放送]]の生放送ライブだけギター1本で行い、残りは全てキャンセルした。浜本の入院が長期に及ぶことが解り、事務所、レコード会社からメンバー差し替え案も出たが、バンマスの冨澤が活動停止を決断し、解散に至った。
208

回編集