「シュクラ」の版間の差分

編集の要約なし
(意味が分からない脚注を除去。ウシャナスでありウシャスではない。分かりにくい日本語を直し体裁を整える。でたらめなカテゴリ付けを適正化。画像を適正化。)
[[File:Sukracarya advises his daughter Aruja to remain beside the lake near his hermitage while a dust storm devastates the accursed kingdom of Danda.jpg|180px|right|thumb|シュクラ(右)とシュクラの娘(左)]]
[[File:Shukradeva.jpg|180px|right|thumb|シュクラと配偶神Dwarjaswini]]
'''シュクラ'''(Shukra)または'''スクラチャリヤ'''(Sukracharya)または'''ウシャナー'''とは[[インド神話]]に登場する[[リシ]](聖仙、聖賢)あるいは神の名前である。リシである[[ブリグ]]の息子とされる。その名前は「純粋」「清浄」「白」を意味する。漢字では「戌羯羅」と音写される。
 
 
== 概要 ==
4,340

回編集