「菅直人」の版間の差分

編集の要約なし
|accessdate= 2010-1-7
}}</ref>。
 
2010年6月19日、[[さいたま市]]で行った街頭演説で、「([[日産自動車]]の)[[カルロス・ゴーン|ゴーン]][[社長]]は、[[首切り]]がうまかったから高い[[給料]]をもらっている」「首切りが上手い[[経営者]]は、優れた経営者だと言って、沢山の給料をもらっている」「全ての会社が日産と同じように、首切りを沢山やった人間ほどが、社長として偉いと言うことになったら、日本中失業者があふれてしまう」と述べた<ref>[http://www.j-cast.com/2010/06/21069238.html?uid=01eGzeoLyrJJ&guid=on] J-CASTニュース 2010/6/21 17:20</ref><ref>[http://www.nicovideo.jp/watch/1276955735] ニコニコ動画-菅代表(総理)街頭演説 埼玉・大宮(2010年6月19日)</ref>。これに対し経済学者[[池田信夫]]は「日産の業績が回復した最大の原因は「大量解雇」ではなく、円安で輸出が大幅に増えたから」「日産がリストラしていなかったら倒産して、もっと多くの人が職を失っただろう。」と批判した<ref>[http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51435689.html] 池田信夫blog-ゴーン社長は「首切り上手」か(2010年06月21日 20:40)</ref>。
 
2010年8月3日の衆議院予算委員会で、菅が2006年に[[大宅壮一]]の言葉を引用して「[[テレビ]]の影響で[[一億総白痴化]]が進んでいる、だから[[第44回衆議院議員総選挙|郵政選挙]]で自民党が勝った」と発言していたことについて自民党[[平沢勝栄]]から「郵政総選挙は一億総白痴化が進んだ結果として自民党が勝った。2009年に民主党が勝ったのは一億総白痴化の結果か」と問われ「あの刺客騒動などを通して、何かすべてがそこに集約されるような選挙になったという意味では、そういった影響がそういう形で出たという趣旨のことを申し上げた」「郵政の場合の本来の政治とは違うところでの判断が多かったのに比べると、政権交代をやるべきかどうかというのは若干意味合いが違うのではないか」と答弁。平沢は「民主党が勝ったときは国民が賢明、自民党が勝ったときは国民が総白痴化だ」と言いたいのかと述べた<ref>2006年1月27日放送の討論番組『朝まで生テレビ』の発言。平沢も同番組に出演していた。[http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001817520100803002.htm 第175回国会 予算委員会 第2号]2010年8月3日</ref>。
 
2010年8月6日、広島の原爆式典において「核抑止論」を持ち上げ、広島市長から遺憾の意を表明されるとともに、被爆者の団体から強い批判を浴び、同2010年8月、[[日韓併合]]100周年に関する総理談話を発表したが、「謝罪」ではなく「お詫び」という言葉を使用したため韓国側の反発を買った<ref>[http://japanese.joins.com/article/125/158125.html?servcode=A00&sectcode=A10 支持率最悪の野田首相、外交で賭け…書簡返送と受け取り拒否] 中央日報 2012年08月24日</ref>。また、この談話に沿って韓国政府との間に[[植民地]]時代に日本へ渡った[[朝鮮半島]]由来の「[[朝鮮王朝儀軌]](ぎき)」などを韓国へ引き渡す[[図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定|日韓図書協定]]が結ばれ、[[野党]]自民党だけでなく、民主党からも賛否両論を引き起こした。
 
==== 諫早湾干拓事業 ====
|date=2011-8-6
|accessdate=2012-8-9}}</ref>。
 
==== 戦後処理 ====
2010年8月6日、広島の原爆式典において「核抑止論」を持ち上げ、広島市長から遺憾の意を表明されるとともに、被爆者の団体から強い批判を浴び、同2010年8月、[[日韓併合]]100周年に関する総理談話を発表したが、「謝罪」ではなく「お詫び」という言葉を使用したため韓国側の反発を買った<ref>[http://japanese.joins.com/article/125/158125.html?servcode=A00&sectcode=A10 支持率最悪の野田首相、外交で賭け…書簡返送と受け取り拒否] 中央日報 2012年08月24日</ref>。また、この談話に沿って韓国政府との間に[[植民地]]時代に日本へ渡った[[朝鮮半島]]由来の「[[朝鮮王朝儀軌]](ぎき)」などを韓国へ引き渡す[[図書に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定|日韓図書協定]]が結ばれ、[[野党]]自民党だけでなく、民主党からも賛否両論を引き起こした。
 
また総理大臣在任中に[[太平洋戦争]]の激戦地である[[硫黄島]]での遺骨収集に関し、「硫黄島からの遺骨帰還のための特命チーム」の設置を指示し、政府の遺骨帰還事業を本格的にスタートさせた。
 
==== 菅おろし ====
副総理・国家戦略担当相だった2009年9月の政権交代直後、民主党の[[参院議員]]である[[喜納昌吉]](党沖縄県連代表)に対し「基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」「[[沖縄県|沖縄]]問題は重くてどうしようもない。もう沖縄は独立した方がいいよ」などと語っていたことが2010年6月に判明した<ref>「「基地問題どうにもならぬ」 首相、昨年もらす」(日本経済新聞2010年6月15日)</ref><ref>産経新聞2010年6月15日</ref>。
 
防衛に関しては、[[自衛隊]]に治安維持活動、国際協力を行う部隊の創設を政策として持っている<ref name="speech2004"/>。核政策に関かし、総理大臣在任中の2010年8月196日、自衛隊制服組と広島意見交換会原爆式典において「改めて法律核抑止論」調べてみた持ち上げ、広島市長か『総理大臣は自衛隊遺憾最高の指揮監督権有する』と規定表明されており、そういう自覚を持って、皆さん方のご意見を拝聴し、役目を担っていきたい」発言した。この意見交換会の前ともに、防衛大臣被爆者[[北澤俊美]]に対して「昨日予習をした団体か、(防衛)大臣は自衛官じゃなんですよ」と発言し、その知識不足が懸念され批判を浴び<ref>「菅首相知らなかった?「大臣は自衛官じゃないんですよ」(朝日新聞2010年8月19日)</ref>。
 
[[台湾問題]]に関しては[[台湾]]の国連加盟を[[中華人民共和国]]が容認し、国連加盟国同士の問題として[[国際連合|国連]]の場で平和的解決を目指すべきと主張<ref> [http://www.eda-jp.com/dpj/2002/kan/gendai-0208.html 『 救国的自立外交私案 』 -タブーなき外交論]</ref>。
}}</ref><ref>[http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/ 今日の”つっちー”] 土屋敬之ホームページ 2009年11月5日(木) No.456</ref>。現在、東京地方裁判所において係争中。土屋自身は[[日本創新党]]に入党した。
* 菅は自著で自民党出身の首相が[[安倍晋三]]→[[福田康夫]]→[[麻生太郎]]と短期間で交代したことに対し「政策的に行き詰まったり、スキャンダルによって総理が内閣総辞職を決めた場合は、与党内で政権のたらいまわしをするのではなく、与党は次の総理候補を決めたうえで衆議院を解散し、野党も総理候補を明確にしたうえで総選挙に挑むべきだろう。」<ref>菅直人『大臣 増補版』p.75(2009年、岩波書店)</ref>と、これを批判していた。鳩山由紀夫前首相の退任後、菅自身が首相に就任したことに対して、[[谷垣禎一]][[自由民主党総裁|自民党総裁]]からは、衆議院本会議で「(著書に書いたことと異なり、与党内での政権たらい回しであり)言行不一致である」と批判された<ref>[http://www.asahi.com/politics/update/0614/TKY201006140256.html 谷垣氏が代表質問、菅首相を追及 「副総理でだんまり」]asahi.com(朝日新聞社)2010年6月14日。2010年6月25日閲覧</ref>。
 
2010年6月19日、[[さいたま市]]で行った街頭演説で、「([[日産自動車]]の)[[カルロス・ゴーン|ゴーン]][[社長]]は、[[首切り]]がうまかったから高い[[給料]]をもらっている」「首切りが上手い[[経営者]]は、優れた経営者だと言って、沢山の給料をもらっている」「全ての会社が日産と同じように、首切りを沢山やった人間ほどが、社長として偉いと言うことになったら、日本中失業者があふれてしまう」と述べた<ref>[http://www.j-cast.com/2010/06/21069238.html?uid=01eGzeoLyrJJ&guid=on] J-CASTニュース 2010/6/21 17:20</ref><ref>[http://www.nicovideo.jp/watch/1276955735] ニコニコ動画-菅代表(総理)街頭演説 埼玉・大宮(2010年6月19日)</ref>。これに対し経済学者[[池田信夫]]は「日産の業績が回復した最大の原因は「大量解雇」ではなく、円安で輸出が大幅に増えたから」「日産がリストラしていなかったら倒産して、もっと多くの人が職を失っただろう。」と批判した<ref>[http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51435689.html] 池田信夫blog-ゴーン社長は「首切り上手」か(2010年06月21日 20:40)</ref>。
 
2010年8月3日の衆議院予算委員会で、菅が2006年に[[大宅壮一]]の言葉を引用して「[[テレビ]]の影響で[[一億総白痴化]]が進んでいる、だから[[第44回衆議院議員総選挙|郵政選挙]]で自民党が勝った」と発言していたことについて自民党[[平沢勝栄]]から「郵政総選挙は一億総白痴化が進んだ結果として自民党が勝った。2009年に民主党が勝ったのは一億総白痴化の結果か」と問われ「あの刺客騒動などを通して、何かすべてがそこに集約されるような選挙になったという意味では、そういった影響がそういう形で出たという趣旨のことを申し上げた」「郵政の場合の本来の政治とは違うところでの判断が多かったのに比べると、政権交代をやるべきかどうかというのは若干意味合いが違うのではないか」と答弁。平沢は「民主党が勝ったときは国民が賢明、自民党が勝ったときは国民が総白痴化だ」と言いたいのかと述べた<ref>2006年1月27日放送の討論番組『朝まで生テレビ』の発言。平沢も同番組に出演していた。[http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001817520100803002.htm 第175回国会 予算委員会 第2号]2010年8月3日</ref>。
 
2010年8月19日、自衛隊制服組との意見交換会において「改めて法律を調べてみたら『総理大臣は自衛隊の最高の指揮監督権を有する』と規定されており、そういう自覚を持って、皆さん方のご意見を拝聴し、役目を担っていきたい」と発言した。この意見交換会の前に、防衛大臣の[[北澤俊美]]に対して「昨日予習をしたら、(防衛)大臣は自衛官じゃないんですよ」と発言し、その知識不足を懸念された<ref>「菅首相知らなかった?「大臣は自衛官じゃないんですよ」(朝日新聞2010年8月19日)</ref>。
 
=== 福島原発事故への対応と評価 ===
872

回編集