「シュクラ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(関連項目追加)
m
九の天体、あるいはそれらを司る神々[[九曜|ナヴァグラハ]]の一員であり、金曜と金星を司るとされた。中国では西方太白星と同一視される。
 
シュクラはアスラグルとも呼ばれ[[アスラ]]たちを教導する役目も持つ。このためシュクラはアスラの王[[ヴリシャパルヴァン]]や[[マハーバリ]]に従事したこともある。
 
仏像としては、頭上に酉の冠を載せ、白練衣を着、弦を弾く姿で表される。
4,340

回編集