「北斗星 (列車)」の版間の差分

m
|rowspan="3"|下り
! 1号
| 1 || 定期列車 || [[尾久客車区札幌運転所]](JR東日本北海道) || 上野16:50 → 札幌8:53 ||  
|-
! 3号
| 6003 || 季節列車 || [[尾久車両センター|尾久客車区]](JR東日本)<br />[[札幌運転所]](JR北海道) || 上野17:54 → 札幌10:06 || 開放式B寝台のみ<br />[[青森信号場]]経由
|-
! 5号
| 5 || 定期列車 || 札幌運転所尾久客車区(JR北海道東日本) || 上野19:03 → 札幌10:57 || 青森信号所経由
|-
|rowspan="3"|上り
! 2号
| 2 || 定期列車 || 尾久客車区札幌運転所(JR東日本北海道) || 札幌17:18 → 上野9:17 || &nbsp;
|-
! 4号
|-
! 6号
| 6 || 定期列車 || 札幌運転所尾久客車区(JR北海道東日本) || 札幌19:19 → 上野11:12 || 青森信号所経由
|}
{{-}}
*** 需要の増大に対応し、「北斗星3・4号」を臨時列車から定期列車へ変更。個室寝台車を連結のうえJR北海道・東日本共同運行の定期列車とした。連結される車両は「北斗星5・6号」に準じている。これに伴い、個室寝台車を連結しない[[B寝台]]のみで編成された臨時列車には「'''エルム'''」の名称が与えられた。
*** 「北斗星3 - 6号」は2号車に「ロイヤル」「デュエット」を挿入し、電源車込みの12両編成に増強<ref name="RJ201408_40">『鉄道ジャーナル』2014年8月号、鉄道ジャーナル社、2014年、p.40</ref>。ただし改造の都合で「北斗星3・5号」では6月29日まで、「北斗星4・6号」では翌30日まで一部車両が欠車扱いとなる日があった<ref name="RJ201408_41">『鉄道ジャーナル』2014年8月号、鉄道ジャーナル社、2014年、p.41</ref>。
*** 「北斗星3 - 6号」は青森信号場経由から青森駅経由に変更し、「北斗星」全列車で運転経路を統一。
* [[1990年]](平成2年)
** 7月1日:「北斗星1・2号」は2号車に「ロイヤル」「ソロ」を挿入し、電源車込みの12両編成に増強<ref name="RJ201408_41" /><ref>運用の都合で「北斗星12号」は前日の6月30日から増結されていた。</ref>。
** 日時不詳:「北斗星3号」以外の「ヒルネ」利用を廃止。「北斗星トマムスキー号」の運転区間を[[横浜駅]] - トマム駅間に変更。
* [[1991年]](平成3年)
** [[1月10日]]:[[国鉄24系客車#夢空間|夢空間編成]]を連結した「北斗星トマムスキー号」を横浜駅 - トマム駅間で運転。同編成を最初に営業運転した列車となる。
** [[3月16日]]:上野駅での停車中に、電源車の発電機からの騒音と排気ガスによる影響を軽減するため編成全体の方向を転換し、[[電源車]]を青森寄りに組成する。号車番号は逆順に変更され、食堂車は7号車、個室寝台車は8 - 10号車とされた。また、開放式B寝台車両と差し替える形で「北斗星1・2号」編成の個室増強が開始され、1人用個室B寝台「ソロ」車両を791日から<ref>運用の都合で「北斗星2号」は前日の8月31日から増結されていた。</ref>、2人用個室B寝台「デュエット」車両を10111日から使用開始した<ref>運用の都合で「北斗星2号」は前日の10月31日から増結されていた。</ref><ref name="RJ201408_42">『鉄道ジャーナル』2014年8月号、鉄道ジャーナル社、2014年、p.42</ref>
* [[1993年]](平成5年)12月1日:「北斗星2号」の[[八戸駅]]の停車を廃止し、運転停車に変更。
[[ファイル:JR Hokkaido DD51 1068 yunekukan hokkaido.jpg|220px|thumb|「夢空間北海道号」<br />(1994年10月 苫小牧駅)]]